コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリフォード Clifford, Clark McAdams

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリフォード
Clifford, Clark McAdams

[生]1906.12.25. カンザス,フォートスコット
[没]1998.10.10. メリーランド
アメリカの法律家,政治家。ワシントン大学卒業後,弁護士を経て,1940年代後半より H.トルーマン大統領の補佐官をつとめトルーマン宣言などにたずさわった。そののちも J.ケネディ,L.ジョンソン,J.カーター各アメリカ大統領の顧問として活躍。 L.ジョンソン大統領就任中は国防長官もつとめた (68~69) 。

クリフォード
Clifford, Thomas, 1st Baron Clifford of Chud'leigh

[生]1630
[没]1673
イギリス,王政復古期の政治家。 1660年下院議員に選ばれ,まもなく国王チャールズ2世に抜擢されてカバルの一員となり,王の旧教政策を助け,ドーバー条約を成立させた。大蔵総裁 (1672~73) となったが審査法の成立により,旧教徒のため公職を退いた。その間,72年男爵に叙せられた。

クリフォード
Cliford, Nathan

[生]1803.8.18. ニューハンプシャー,ラムニー
[没]1881.7.25.
アメリカの法律家,政治家。 1839~43年連邦下院議員。 46~48年司法長官。アメリカ=メキシコ戦争後の外交交渉にあたる。 58~81年連邦最高裁判所の判事。 77年 R.ヘーズ,S.ティルデンの大統領選挙問題調査委員会の委員長をつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリフォード
くりふぉーど
Clark McAdams Clifford
(1906―1998)

アメリカの政治家。カンザス州に生まれ、1928年にセントルイスのワシントン大学を卒業して弁護士を開業。第二次世界大戦中トルーマン大統領の海軍担当補佐を務め、トルーマン宣言や国家安全保障法制定に参画。ベトナム戦争中の1968年2月マクナマラの後任として国防長官となり、北ベトナムとの交渉による米軍の早期撤兵をジョンソン大統領に進言した。以後も政財界に影響力のある弁護士として活躍した。[遠藤雅己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

クリフォード

生年月日:1630年8月1日
イギリス王政復古期の政治家
1673年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

クリフォードの関連キーワードユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウンサラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウンヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウンクリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングスクリフォード・ブラウン=マックス・ローチジミー・パスコ(Jr.) ガーリーなぜ天国から呼び戻すのか?スタディ・イン・ブラウンジョン・フレッド クーツジャック モントローズクリフォード ブラウンクリフォードの想い出ダイナ ワシントンJ.D. キャノンジョイ・スプリングアンドロイドの反乱リッチー パウエルノーマン シモンズジャック ノーレン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリフォードの関連情報