クロムイエロー(英語表記)chrome yellow

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。クロームイエローとも表記する。JISの色彩規格では「明るい」としている。一般に、クロム酸鉛を主成分とする顔料の鮮やかな黄色のこと。1809年に初めて製造された。日本語では黄鉛おうえんという顔料。クロムはクロム鉄鉱として産出し、銀白色で硬く、耐食性にすぐれる。オランダの画家ビンセント・ヴァン・ゴッホの「ひまわり」はこのクロムイエローを用いて描かれたと伝えられる。その後、ほぼ同色の絵の具としてカドミウムイエローが出現した。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

黄鉛とも。クロム酸鉛PbCrO4を主成分とする黄色顔料。クロム酸ナトリウムの水溶液に硝酸鉛の水溶液を加えると沈殿として得られる。硫化水素によって黒変する欠点があるが耐光性にすぐれ,塗料,印刷インキなどに使用。有毒。
→関連項目クロムグリーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (chrome yellow) クロム酸鉛を主成分とする黄色顔料。塗料、印刷インキ、クレヨンなどに用いる。黄鉛(おうえん)
※黯い潮(1950)〈井上靖〉四「ライトレッドにクロームイエロウを混ぜると、かういふ色に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android