コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローデル クローデル Claudel, Paul (Louis Charles Marie)

7件 の用語解説(クローデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クローデル
クローデル
Claudel, Paul (Louis Charles Marie)

[生]1868.8.6. エーヌ,ビルヌーブシュルフェール
[没]1955.2.23. パリ
フランスの詩人,劇作家,外交官。 1890年外交官試験に首席で合格して以来,欧米とアジアの各地に在勤し,日本 (1921~27) ,アメリカベルギー駐在大使をつとめた。ランボーの詩から受けた衝撃をきっかけにカトリックの信仰に目ざめ,深い宗教的感動に満ちた多くの詩と戯曲を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クローデル(Paul Claudel)

[1868~1955]フランスの詩人・劇作家・外交官。カトリック信仰に支えられた壮大な世界認識の詩劇を書いた。また、駐日大使として日仏文化交流に貢献。詩集「五大頌歌」、戯曲「マリアへのお告げ」「繻子(しゅす)の靴」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クローデル

フランスの詩人,劇作家。1886年ランボーに接し,超自然的世界を啓示され,カトリックに回心した。戯曲《黄金の頭》(1889年)を発表後,外交官として各国に駐在,1921年―1927年には駐日大使となり日本文化に理解を示す。
→関連項目NRFオネゲルガリマール[会社]象徴主義ミヨーロダン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

クローデル Claudel, Paul Louis Charles

1868-1955 フランスの劇作家,外交官。
1868年8月6日生まれ。はやくから詩と詩劇で知られる。大正10年駐日フランス大使として着任。12年帝国劇場で自作舞踊劇「女とその影」を上演。京都の日仏学館の創設にもかかわった。昭和2年離任。1955年2月23日死去。86歳。エーヌ県出身。作品に「マリアへのお告げ」「繻子(しゅす)の靴」など。
【格言など】芸術はいたるところに在る(大使着任歓迎会で)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

クローデル【Paul Claudel】

1868‐1955
フランスの詩人,劇作家,外交官。20世紀前半におけるフランス文学の最も重要な存在の一人。北フランスのエーヌ県タルドノアの小村に,大蔵省地方官吏の息子として生まれる。姉のカミーユは,ロダンの愛人となる女流彫刻家。〈唯物主義の徒刑場〉とクローデルが呼ぶ世紀末パリの精神的風土の中で,1886年,ランボー散文詩《イリュミナシヨン》《地獄の一季節》に強い衝撃を受け,同年12月25日(降誕祭の日),パリのノートル・ダム大聖堂での啓示によってカトリックの信仰を取り戻した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クローデル【Paul Claudel】

1868~1955) フランスの詩人・劇作家・外交官。宗教的世界認識に富む壮大な作品を書いた。また、駐日大使として日仏文化交流に貢献。詩集「五大頌歌」、戯曲「マリアへのお告げ」「繻子の靴」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クローデル
くろーでる
Paul Claudel
(1868―1955)

フランスの劇作家、詩人、外交官。8月6日北フランス、エーヌ県の一小村に生まれる。1882年以来パリに住み、政治学を学びながら実証主義象徴主義など世紀末の諸思潮の洗礼を受け、まず詩作に手をそめたが、86年ランボーの詩とカトリックの恩寵(おんちょう)体験により超自然な生命力を啓示されて回心。やがて、とりわけマラルメやワーグナー、アイスキロスやシェークスピアなどの影響下に、劇作に着手、『黄金の頭(かしら)』(1890初稿・刊)、『都市』(1893初稿・刊)などを発表、早くも呼吸にあわせた独特な劇詩法を編み出し、人間の内と外とを一つにした宇宙の生きた象徴的構造というドラマツルギーが一部識者に注目された。90年外交官試験に合格、93年アメリカを振り出しに長い諸外国での外交官生活が始まるが、それら各地での人間的・文化的・演劇的体験が第二期の諸作『交換』(1894初稿)、『真昼に分かつ』(1905執筆)、『マリアへのお告げ』(1912初演)、三部作『人質』(1911刊)、『硬いパン』(1914執筆)、『凌辱(りょうじょく)された神父』(1916執筆)に生かされて、彼の劇詩的世界はいっそう動的で客観的で具象的になった。1921年(大正10)駐日大使として東京に赴任、関東大震災を体験して25年帰国、27年ワシントン、33年ブリュッセルを最後に外交官生活の幕を閉じるが、文筆活動は本格化する。このもっとも円熟した晩年の総仕上げの時期では、時間・空間的にドラマの規模がさらに自在に広がり、彼の世界はまさしくトータルに視聴覚的なカオスを現出している。日本で執筆された『繻子(しゅす)の靴』を筆頭に、『クリストファー・コロンブスの書』(1929刊)、『火刑台上のジャンヌ・ダルク』(1938初演。なおこれに先だち1935年、オネゲルの作曲でオペラ化、上演)などがそれである。
 クローデルにあっても、カトリック作家の例に漏れず最後には神の声が聞こえ、それによる救いがくることはいうまでもないが、彼の演劇的功績は、そのプロセスにおいて混沌(こんとん)と宇宙的に地上的な人間と、その内外に存在する超越的なものとの対立がユニークに劇化され、カトリック的でありながらも、それを突き抜けているところにある。
 なお、彼はしばしば先だつ稿に手を入れ、何度も書き改めていることと、彼の戯曲は上演がむずかしいため、本格上演は1940年代以降、ことにジャン・ルイ・バローとの出会いを待たなければならなかったことは特記しておきたい。46年からアカデミー・フランセーズ会員となり、55年2月23日パリで没した。[渡辺 淳]
『山本功訳・編『クローデル詩集』(1967・思潮社) ▽渡辺守章他訳『世界文学大系56 クローデル ヴァレリー』(1976・筑摩書房) ▽渡辺守章著『ポール・クローデル、劇的想像力の世界』(1975・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクローデルの言及

【象徴主義】より

…バレリーはまた,詩とは読者の精神に,ある特殊な状態を喚起する装置であると考え,詩作においてもそれを実践したが,そこにはマラルメの理論が反映している。また,バレリーとともに,象徴主義の後継者として記憶しておかねばならないのは,クローデルである。万物が共生する宇宙の限りない運動を創造主の天地創造のいぶきを模して表現する営みとしての詩という考えには,象徴主義からくみ取ったものが確実に読み取れる。…

【全体演劇】より

…彼は初め師C.デュランから,どんな細部にも不協和音を立てない調和美の演劇を学び,それを基盤にあらゆる演劇の要素を一体化し,劇場空間を一つの詩的宇宙に変容させることに成功する。53年のP.クローデル作《クリストファー・コロンブスの書物》の上演におけるバロー演出は,クローデル劇の持つ潜在的な全体性を,映画と演劇の結びつきによって実現する記念碑的なものであった。劇の筋にはめ込まれた映画は,ちょうど1枚の貨幣の表と裏のように,相対立する二つの次元(目に見えるものと見えないもの,外と内,肉体と精神,自然と超自然など)を統合しつつ観客に呈示した。…

【フランス】より

…旧制高校のドイツ語教育を軸とするドイツ文化の影響の前に,幕末以来のフランス嗜好が衰えるのを憂えたフランスは,第1次大戦後まずジョッフル元帥を訪日させ,続いて東洋学者クーランをはじめ多くの使節を送ってきた。彼らの報告に基づき,詩人大使P.クローデルと渋沢栄一は24年財団法人日仏会館を東京に開き,フランス人研究者を常駐させた。クローデルはまた貴族院議員稲畑勝太郎と協力して27年京都日仏学館を開き,フランス語,フランス文化の普及に努めた。…

【フランス演劇】より

…なお,16世紀後半の宗教戦争の激化の中で,絶対王権への共同幻想を結晶させる役割を果たすのはイタリア起源の〈宮廷バレエ〉であり(1581年の《王妃の演劇的バレエ》に始まる),それはのちにルイ14世によるベルサイユ宮における《魔法の島の楽しみLes plaisirs de l’ile enchantée》(1664)を頂点とする,古代神話の衣装をまとった絶対王権顕揚の世俗的大祝典劇を生む。キリスト教の典礼や物語にのっとった宗教劇は,バロック時代の劇作や,J.deロトルー《聖ジュネスト》,コルネイユ《ポリュクト》あるいはラシーヌ晩年の2悲劇の例はあるものの,以後は19世紀末のP.クローデルの出現まで姿を消す。 中世ゴシック都市における大聖史劇上演には,同時代の他の舞台表現,すなわち〈阿呆劇(ソティsottie,sotie)〉〈教訓劇(道徳劇)moralité〉〈笑劇farce〉などもプログラムに組み込まれることが多かった。…

※「クローデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クローデルの関連キーワード外交官ガルニエクラブントフレンチミストラルサンジョンペルスビルドラックコページロードゥールーマニーユ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クローデルの関連情報