グラフ(読み)ぐらふ(英語表記)graph

翻訳|graph

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラフ(図形)
ぐらふ
graph

いろいろな数量関係を見やすくするために用いられる図形。統計上の結果を図示する統計グラフと、関数の値を座標によって表す関数のグラフなどがあるが、「統計グラフ」については、その項目を参照されたい。
 関数y=f(x)が与えられているとする。このとき、(x, f(x))を座標にもつ点をxy平面上にプロットしていって得られる曲線、すなわち、座標がy=f(x)を満たす点P(x, y)の軌跡を、この関数のグラフという。一次関数y=ax+bのグラフは直線、二次関数y=ax2+bx+cのグラフは放物線になる。また、x、yに関する方程式f(x, y)=0があるとき、この方程式を満たすx、yの値の組(x, y)を座標にもつ点の軌跡を、この方程式のグラフという。f(x, y)がx、yの二次式であるとき、このグラフを二次曲線という。[竹之内脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラフの関連情報