コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランド・ツアー grand tour

翻訳|grand tour

世界大百科事典 第2版の解説

グランド・ツアー【grand tour】

17世紀末から18世紀を通じて,イギリス良家子弟の教育,ことに古典的教養修得のために行われたヨーロッパ大陸への旅行のこと。期間はときに数年間に及び,目的地はパリなど主要都市や名所旧跡であったが,最終目的地は常に,古代ローマの遺跡が残りまたルネサンス中心地であったイタリア,ことにローマとみなされた。旅行の内容は観光のほかに,各国の上流階級学識経験者との交流,大学やアカデミーへの短期入学,書物美術品の購入などであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグランド・ツアーの言及

【家庭教師】より

…その慣習は学校教育の不備からくるというよりも,家庭教育(私教育)こそが教育の中心部分をなすという伝統的思想,慣習からきているといえよう。家庭教師を雇用する費用は高く,たとえばスミスは,当時流行したグランド・ツアーの付添家庭教師になって,グラスゴー大学勤務時の約2倍の年俸を終生もらえることになったほどである。また19世紀には住込みの女家庭教師(ガバネスgovernness)がイギリスの富裕な中産階級の家庭に流行した。…

【ジェントルマン】より

…しかし,ジェントリーの家系の長男はなお18世紀までは家庭内で教育されるのがふつうであった。また,ジェントルマン教育の仕上げとしてのフランスやイタリアへの大旅行(グランド・ツアー)の習慣も定着した。(4)の政治とのかかわりは,少なくとも19世紀初めまでのイギリスでは,ジェントルマンのみが為政者階級であったといってよく,庶民院議員は彼らのなかから選挙され,地方政治のかなめの位置を占めた治安判事職なども彼らによって独占された。…

【ピラネージ】より

…45年,出版業者の経済的援助を受け再びローマに赴き版画制作・出版を意欲的に開始。《ローマの眺め》(1748‐78)などの大量の作品は,内容的には技術・表現の革新を示し,かつ芸術家,知識人,グランド・ツアーの旅行客らに古代ローマの壮大さとその遺構のロマン主義的イメージを与えた貴重な資料である。50年代,考古学的関心が高まるとともにR.アダムらイギリスの芸術家との交流をもち,ロンドン好古学会の名誉会員に選ばれる。…

※「グランド・ツアー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グランド・ツアーの関連キーワードジェリー ハーマンジョージアン様式コッカレルアダム兄弟ボイジャーガニメドバリー衛星

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android