コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリボエードフ グリボエードフGriboedov, Aleksandr Sergeevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリボエードフ
Griboedov, Aleksandr Sergeevich

[生]1795.1.15. モスクワ
[没]1829.2.11. テヘラン
ロシアの劇作家,外交官。地主貴族の出身。モスクワ大学を出て外務省に入り,テヘランのロシア公使館に勤務。ペルシアの言語,文化の研究にたずさわるかたわら,19世紀初頭の官僚貴族を風刺する戯曲『知恵ゆえの悲しみ』を 1822~24年に執筆。この作品は,A.プーシキン以前のリアリズムの先駆としてロシア近代文学の方向を切り開いた。その後テヘラン駐在公使となったが,暴徒のロシア公使館襲撃の際虐殺され,執筆中の悲劇『グルジアの夜』 Gruzinskaya noch'は未完のままに終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グリボエードフ

ロシアの劇作家。外交官として活躍するかたわら,モスクワの貴族社会を風刺した喜劇《知恵の悲しみ》(1822年―1824年作,1829年初演)によって,写実主義的なロシア国民演劇の基礎を置いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリボエードフ【Aleksandr Sergeevich Griboedov】

1795‐1829
ロシアの詩人,劇作家。モスクワ大学文学部と法学部を卒業,学位をとる準備中にナポレオン軍の侵攻があり,志願して騎兵少尉となる。後方勤務につくが,そのころから戯曲の翻案,執筆に手を染め,戦後ペテルブルグに出てからも,万事に派手な当時の社交界の風潮の中にあって劇界へ出入りし,詩や戯曲,評論を書いた。1817年から外務局に勤め,18年末外交使節団の一員としてペルシアへ派遣される。ペルシアとグルジアにあって,22年から24年へかけて《知恵の悲しみ》を執筆,それまで書いていた軽い〈サロン喜劇〉風の作品と違って,ロシア最初の本格的な喜劇の傑作となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グリボエードフ【Aleksandr Sergeevich Griboedov】

1795~1829) ロシアの劇作家・外交官。農奴制社会を批判した「知恵の悲しみ」で名高い。ペルシャで暴徒に殺された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリボエードフ
ぐりぼえーどふ
Александр Сергеевич Грибоедов Aleksandr Sergeevich Griboedov
(1795―1829)

ロシアの劇作家、外交官。名門貴族出の神童としてモスクワ大学の諸学部に学び、多くの外国語と音楽に堪能(たんのう)な最高の知識人。1812年のナポレオン侵入による祖国戦争時代には軍務についたが、退役後外務省に入り、18年在ペルシア(イラン)公使館、22年以後カフカスのロシア軍司令部付外交官として勤務。ペテルブルグ時代のルイレーエフら革新的な青年士官たちとの交友関係からデカブリストの乱に関与した疑いで逮捕されたが、証拠不十分で釈放された。28年駐ペルシア特派大使となったが、ロシアの拡張政策に反対する暴徒の襲撃にあい殺害された。文学作品として、翻案の処女作『若い夫婦』(1814)ほか、数編の喜劇と名作『知恵の悲しみ』(1824)がある。[野崎韶夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グリボエードフの関連キーワードオドエフスキー(Aleksandr Ivanovich Odoevskiy)アレクサンドリンスキー劇場ネミロビチ・ダンチェンコG. トフストノーゴフトゥイニャーノフG. ビノクールトフストノーゴフクニャジニーンルイレーエフマールイ劇場ゴンチャロフモチャーロフロシア文学1月15日ロシア演劇ビノクールペルシャルージン余計者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android