コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリボエードフ グリボエードフ Griboedov, Aleksandr Sergeevich

6件 の用語解説(グリボエードフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリボエードフ
グリボエードフ
Griboedov, Aleksandr Sergeevich

[生]1795.1.15. モスクワ
[没]1829.2.11. テヘラン
ロシアの劇作家,外交官。地主貴族の出身。モスクワ大学を出て外務省に入り,テヘランのロシア公使館に勤務。ペルシアの言語,文化の研究にたずさわるかたわら,19世紀初頭の官僚貴族を風刺する戯曲『知恵ゆえの悲しみ』を 1822~24年に執筆。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グリボエードフ(Aleksandr Sergeevich Griboedov)

[1795~1829]ロシアの劇作家・外交官。当時の農奴制社会の悪徳を風刺、ロシア写実主義文学の先駆者となった。喜劇「知恵の悲しみ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グリボエードフ

ロシアの劇作家。外交官として活躍するかたわら,モスクワの貴族社会を風刺した喜劇《知恵の悲しみ》(1822年―1824年作,1829年初演)によって,写実主義的なロシア国民演劇の基礎を置いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グリボエードフ【Aleksandr Sergeevich Griboedov】

1795‐1829
ロシアの詩人,劇作家。モスクワ大学文学部と法学部を卒業,学位をとる準備中にナポレオン軍の侵攻があり,志願して騎兵少尉となる。後方勤務につくが,そのころから戯曲の翻案,執筆に手を染め,戦後ペテルブルグに出てからも,万事に派手な当時の社交界の風潮の中にあって劇界へ出入りし,詩や戯曲,評論を書いた。1817年から外務局に勤め,18年末外交使節団の一員としてペルシアへ派遣される。ペルシアとグルジアにあって,22年から24年へかけて《知恵の悲しみ》を執筆,それまで書いていた軽い〈サロン喜劇〉風の作品と違って,ロシア最初の本格的な喜劇の傑作となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グリボエードフ【Aleksandr Sergeevich Griboedov】

1795~1829) ロシアの劇作家・外交官。農奴制社会を批判した「知恵の悲しみ」で名高い。ペルシャで暴徒に殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリボエードフ
ぐりぼえーどふ
Александр Сергеевич Грибоедов Aleksandr Sergeevich Griboedov
(1795―1829)

ロシアの劇作家、外交官。名門貴族出の神童としてモスクワ大学の諸学部に学び、多くの外国語と音楽に堪能(たんのう)な最高の知識人。1812年のナポレオン侵入による祖国戦争時代には軍務についたが、退役後外務省に入り、18年在ペルシア(イラン)公使館、22年以後カフカスのロシア軍司令部付外交官として勤務。ペテルブルグ時代のルイレーエフら革新的な青年士官たちとの交友関係からデカブリストの乱に関与した疑いで逮捕されたが、証拠不十分で釈放された。28年駐ペルシア特派大使となったが、ロシアの拡張政策に反対する暴徒の襲撃にあい殺害された。文学作品として、翻案の処女作『若い夫婦』(1814)ほか、数編の喜劇と名作『知恵の悲しみ』(1824)がある。[野崎韶夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリボエードフの関連キーワードイワーノフベールイミリュコーフモスクワ大学モスクワ大公国雀が丘モスクワ5000モスクワ・ソロイスツモスクワ・シティー・バレエ団モスクワ・ロシア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone