阿諛(読み)アユ

  • ×阿×諛

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)顔色を見て、相手の気に入るようにふるまうこと。追従(ついしょう)。「阿諛迎合」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「阿」はおもねる、「諛」はへつらうの意) おべっかをつかうこと。相手の気に入るようなことを言ったり、そのような態度をとったりすること。
※空華集(1359‐68頃)一二・序勝上人詩巻「是三者之党。烏合蟻屯。阿諛附会。而領袖之。羽翼之。交攻弗己」 〔史記‐封禅書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿諛の関連情報