コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリムズビー グリムズビーGrimsby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリムズビー
Grimsby

イギリスイングランド東部,ノースイーストリンカーンシャー行政府所在地。キングストンアポンハル(ハル)の南東約 25km,北海に流入するハンバー川の河口に近い南岸に位置する。中世以来重要な海港で,港はシルトの堆積により一時衰微したが,1800年に流入河川の分水路がつくられると,北海その他の出漁に好位置を占めていたため,急速に発展。1880年以降は蒸気トロール船の使用で漁場がグリーンランド海および北海にまで広がった。さらにイングランド人口増加鉄道建設,氷による魚の保冷に伴い,イングランド全域に鮮魚を大量に供給する漁業基地となった。1980年代初めには魚の水揚げ量でハルをしのぐイギリス第1の漁港となり,近代的な冷凍・薫製方法の導入後は冷凍魚などの輸出も盛ん。商業港としても重要で,化学製品,肥料,鉄鋼などを輸出し,食品,木材,鉄鉱石などを輸入する。人口 8万7574(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グリムズビー(Grimsby)

英国、イングランド北東部の都市。北海漁業の基地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

グリムズビー

英国,イングランド東部,北海沿岸のハンバー川河口に位置する港湾都市ハンバーサイド州(旧リンカーンシャー)の州都。中世にも重要な港であったが,19世紀以降北海漁業の発展に伴い世界有数の大漁港となった。
→関連項目ハンバー[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリムズビー【Grimsby】

イギリス,イングランド中央東部のハンバーサイド州(旧リンカンシャーのリンジー地方)にある水産業都市。人口8万9000(1991)。地名は〈グリムの村〉を意味し,かつてはグレートグリムズビーと呼ばれた。ハンバー川エスチュアリー(江湾)の南岸に位置し,イギリス最大の漁港を有し,北海漁場の根拠地をなす。またスカンジナビアとの貿易港としても重要で,石炭の輸出や木材の輸入などが行われ,酸化チタンレーヨン冷凍食品の各種工業も立地する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グリムズビー【Grimsby】

イギリス、イングランドの北東部、北海に臨む港湾都市。漁業基地。水産加工・造船・化学などの工業も盛ん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリムズビー
ぐりむずびー
Grimsby

イギリス、イングランド北東部、ユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)であるノースイースト・リンカーンシャーの都市。人口9万1200(2002推計)。イングランド最古の都市の一つとされ、中世以後漁港として栄えたが、15世紀以降土砂の堆積(たいせき)で一時衰えた。しかし、19世紀になって港湾施設整備、冷蔵法の進歩、鉄道開通などによって復活し、現在はイギリス最大の漁港の一つである。漁業関連の水産品加工、造船、醸造などに加え、酸化チタンの製造などの工業も盛んである。[井内 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グリムズビーの関連情報