グローブ座(読み)グローブざ(英語表記)Globe Theatre

翻訳|Globe Theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グローブ座
グローブざ
Globe Theatre

イギリス,エリザベス朝時代のロンドンのテムズ川南岸にあった公設劇場宮内大臣一座 (のちの国王一座) が出演し,シェークスピアの作品の多くを初演した劇場として知られる。 1599年 C.バーベッジが設立。 1613年失火で炎上,14年再建されたが,44年取りこわされた。 1997年,25年以上にわたる復元運動が展開された結果,350余年ぶりに再建された。新グローブ座は当時の建築様式に忠実に建てられており,名作を上演した 17世紀の情景をよみがえらせる劇場となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グローブ‐ざ【グローブ座】

エリザベス朝時代に、ロンドンのテムズ川南岸にあった公衆劇場。1599年に開場し、シェークスピア代表作の多くが初演されたことで知られる。ピューリタン革命により1644年に取り壊された。グローブ劇場地球座
を復元した劇場。1997年に、サザーク地区の跡地近くに再建された。シェークスピアズグローブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グローブ座【グローブざ】

1599年から1644年,ロンドンのテムズ川南岸にあった劇場。The Globe。エリザベス朝時代の公衆劇場の代表的建築で,野天の張出舞台と中庭の客席の三方をギャラリーで囲む様式。興行は昼間だけ。シェークスピア作品の大部分が初演された劇場として有名。ピューリタン革命による劇場閉鎖令で使われなくなり,取り壊された。現在ロンドンの劇場街には同名の劇場がある。
→関連項目シェークスピア舞台

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グローブざ【グローブ座 The Globe】

イギリス,ロンドンの劇場。グローブは地球の意味。1599年,テムズ川南岸に開場。リチャード・バーベッジが率いる内大臣一座(後に国王陛下一座と改称)の本拠として用いられたが,この劇団の一員であったシェークスピアの代表作が上演されたことで有名である。エリザベス朝の代表的な公衆劇場で,知的な観客を対象とする屋内の小規模な私設劇場と異なり,社会の諸階層が集まる大劇場であった。客席に張り出した舞台と周囲の椅子をそなえた回廊状の客席には屋根があったが,舞台を囲む平土間の立見席には屋根がなく,太陽光線の下で上演が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グローブざ【グローブ座】

エリザベス朝時代のロンドンにあった大劇場。1599年開場。シェークスピア劇の多くの傑作が初演された。1613年焼失、翌年再建されたが、1644年にピューリタン革命により取り壊された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグローブ座の言及

【演劇】より

…日本でいえば室町期の能舞台は客席張出し型であり,それを囲むように桟敷が組まれたが,その記憶は江戸幕府の式楽となって以来の現行の能舞台にも残っているし,また歌舞伎も,〈悪所〉として常設劇場に囲い込まれた後でも,江戸時代には,単に花道だけではなく本舞台が客席に張り出していた。そこには舞台への吸収力と,舞台・客席の相互浸透という二つのベクトルがあるように思うが,ともあれヨーロッパで16世紀末に出現する一連の常設劇場の中では,エリザベス朝ロンドンのグローブ座(シェークスピアの常打ち小屋)などが,客席張出し型(張出舞台)によって中世末期の祝典劇の参加の構造を保っている。それに対して,A.パラディオ設計になるテアトロ・オリンピコ(オリンピコ劇場)やパリの最初の常設劇場であるブルゴーニュ館劇場(ブルゴーニュ座)は,すでに舞台・客席対面型の配置をとる。…

【劇場】より

…前1世紀のローマの建築家ウィトルウィウスが書いた建築書は,ヘレニズム時代の劇場の様相を知るうえで重要な資料だが,ルネサンス期の人々が劇場平面の割り出し方を,円環のうちに劇場の主部をおさめると解釈したのは,まさにこの寓意につながってのことであった。科学史家F.A.イェーツは,シェークスピア劇などを上演したエリザベス朝のロンドンの劇場(スワン座,グローブ座など)がこの原則に従って造られていたとしている。さらに劇場という言葉は中世以来,庭や鏡などの言葉とともに集成や大成の意でしばしば書物の題名に用いられてきたが,これも同じ理由によるものである。…

【シェークスピア】より

…たとえば彼の創作活動はロンドンという当時のヨーロッパ最大の都市においてのみ可能だったのであり,彼の演劇は最初の本格的近代都市文化の華だった。膨張する人口,とくに知的好奇心の旺盛な市民層の増大が,グローブ座の観客動員数を保証したばかりではない。都市化にともなう人間性の暗黒面の露出も,劇作家の想像力を刺激した。…

※「グローブ座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グローブ座の関連情報