コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グールモン グールモン Gourmont, Remy de

6件 の用語解説(グールモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グールモン
グールモン
Gourmont, Remy de

[生]1858.4.4. オルヌ,バゾシュアンウルム
[没]1915.9.17. パリ
フランスの批評家,小説家。カン大学に学びパリの国立図書館の司書になったが,筆禍事件により免職 (1891) 。文芸雑誌メルキュール・ド・フランス』 Mercure de France (90創刊) の創刊者の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グールモン(Remy de Gourmont)

[1858~1915]フランスの評論家・小説家。象徴主義の理論家として知られる。評論「仮面の書」「文学散歩」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グールモン

フランスの批評家。《メルキュール・ド・フランス》誌に参画,象徴主義の理論家といわれ,《神秘哲学派のラテン語》(1892年)《仮面の書》2巻(1896年,1898年)《フランス語の美学》《文体の問題》《文学的散歩》《哲学的散歩》などの著作や,詩,小説ものこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グールモン【Remy de Gourmont】

1858‐1915
フランスの文芸批評家。はじめパリのビブリオテーク・ナシヨナルに勤めたが,筆禍事件を起こして1891年辞職。以後は前年に創設に参加した《メルキュール・ド・フランス》誌を主要舞台として文筆に専念。若い頃,狼瘡で醜い顔の持主となったのを恥じて,ほとんど外出せず本に埋もれて暮らした。博識で官能的な懐疑家の彼は,同時代の象徴主義運動をその高貴な反俗性ゆえに愛し,これを擁護宣揚する論陣を張った。部分的真実しか信じない醒めた眼で語られる官能的な批評やエッセーは,中世ラテン詩から秘密の好色本にまで及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グールモン【Remy de Gourmont】

1858~1915) フランスの批評家・詩人・小説家。象徴主義運動の理論家で、象徴派の機関誌「メルキュール=ド=フランス」の創刊に協力。評論「仮面の書」「文学散歩」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グールモン
ぐーるもん
Remy de Gourmond
(1858―1915)

フランスの作家、批評家。ノルマンディーの名門の出身。カーン大学に学び、のちパリの国立図書館司書となるが、免官される。『メルキュール・ド・フランス』誌に載せた論文『愛国心という玩具(がんぐ)』(1891)の過激な反愛国主義的口調のためであった。そのころもう一つの不幸が彼をみまう。「結核性狼瘡(ろうそう)」という病が醜い跡を顔に残していって、いっそうの孤独幽閉の生活を強いたからである。
 この二つのできごとと重なり合って始まる彼の文学活動は、象徴主義的風土と充実した生の現実、知的生活と感覚的生活、プラトニックな恋愛と官能的恋愛の間を、絶え間なく微妙に揺れ動きつつバランスを保った。有名な「シモーヌ」詩編を含む『慰戯詩集』(1912)、20世紀をみごとに先取りした作品『シクスティーヌあるいは頭脳小説』(1890)、そしてとりわけ傑作『悍婦(アマゾーヌ)への手紙』(1914)など、いずれも前記のテーマに沿っている。批評家としての彼は、「観念分離」なる用語を用いて、観念あるいはイメージの月並み部分を排除することを説いたが、実をいうと、例の反愛国主義的論文もそれの一例であった。批評の代表作は『神秘ラテン語』(1892)、『観念陶冶(とうや)』(1900)、『仮面集』(1896~98)、『文学散歩』(1904~13)、『哲学散歩』(1905~09)など。[松崎芳隆]
『石川湧訳『文学的散歩』(1938・春秋社) ▽堀口大学訳『グウルモン詩集』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グールモンの関連キーワードアルベレスイルドフランスシュアレスビブリオビルマンブルムクルティウスデサンクティス文芸批評・文藝批評文学理論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グールモンの関連情報