コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケアード Caird,Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケアード
Caird,Edward

[生]1835.3.23. グリノック
[没]1908.11.1. オックスフォード
イギリスの哲学者。新ヘーゲル学派の指導者。グラスゴー大学,オックスフォード大学に学び,1866年グラスゴー大学教授,93~1907年オックスフォード,ベリオル・カレッジの学長。カントヘーゲルの影響を受け,観念論の立場に立ち,D.ヒューム,J. S.ミルらの経験論に反対した。主著"A Critical Account of the Philosophy of Kant" (1877) ,"Hegel" (83) ,"The Evolution of Religion" (2巻,93) ,"The Evolution of Theology in the Greek Philosophers" (2巻,1904) 。

ケアード
Caird,John

[生]1820.12.15. グリノック
[没]1898.7.30. グリノック
イギリスの神学者。 E.ケアードの兄。 1862年グラスゴー大学教授。主著"An Introduction to the Philosophy of Religion" (1880) ,"Mind and Matter" (88) ,"The Fundamental Ideas of Christianity" (ギフォード講演集,2巻,99) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケアード(Edward Caird)

[1835~1908]英国の哲学者。グラスゴー大学教授。ドイツ観念論、特にヘーゲル哲学を英国に定着させた。著「ヘーゲル」「カントの批判哲学」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ケアード【Edward Caird】

1835‐1908
イギリス新理想主義の哲学者。グラスゴー大学とオックスフォード大学に学び,グラスゴー大学道徳哲学教授,オックスフォードのベーリオル・カレッジ学長となった。T.H.グリーンとともに,ドイツ観念論哲学に学んでイギリス伝統の経験主義,功利主義を批判し,科学と道徳・宗教の調和を求めて,19世紀後半の新しい時代に対応すべき人格的自由主義の哲学を説いた。【荒川 幾男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケアード
けあーど
Edward Caird
(1835―1908)

イギリス・ヘーゲル学派の哲学者。スコットランド生まれ。グラスゴー大学教授。オックスフォード大学学寮長。ヘーゲルを指針としてカント哲学の超克を目ざした。哲学の任務は人間性と神性との調和を図り、主観と客観などの相対立する精神的要素を和解させ、精神の安らぎを達成することにあり、普遍的絶対意識に基づいて自己の行動を決定することによって、それが可能になると主張した。[宮下治子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ケアードの関連キーワードスケアードストレート新ヘーゲル学派ブラッドリーイギリス哲学広崎うらん小山萌子余貴美子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケアードの関連情報