コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケニヤッタ Kenyatta, Jomo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケニヤッタ
Kenyatta, Jomo

[生]1891.10.20. イチャウェリ
[没]1978.8.22. モンバサ
キクユ族出身のケニア政治家。早くから反植民地運動に参加。ロンドン大学卒業。 1932年からソ連などヨーロッパを旅行。 45年 10月の第5回汎アフリカ会議 (マンチェスター) に参加。 46年帰国し,翌年ケニア・アフリカ人同盟 KAU総裁に選ばれた。 52~59年マウマウ反乱扇動罪で入獄。 61年 10月ケニア・アフリカ民族同盟 KANU総裁 (1974年終身総裁) 。 63年独立ケニアの初代首相。 64年共和政移行に伴い大統領に就任。 74年 10月3選され,終身大統領となった。ケニア独立の父としての威信を保ち,野党の非合法といった強硬な政治的措置を打出したりもしたが,ケニアを安定的に発展させる基礎を固めたといえる。主著『ケニア山のふもと』 Facing Mount Kenya (1938) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケニヤッタ(Jomo Kenyatta)

[1894~1978]ケニアの政治家。キクユ族出身。独立運動を指導し、1963年、共和国初代大統領に就任。のち終身大統領。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ケニヤッタ

ケニアの政治家。キクユ族の出身。若くして独立運動に参加。英国留学後,1947年ケニア・アフリカ人同盟総裁となり,マウマウの反乱を指導した容疑で1952年―1961年逮捕,投獄されたが,1961年ケニア・アフリカ人民族同盟総裁,1963年の独立とともに首相,1964年初代大統領となり,14年間その地位を保った。
→関連項目ケニア西アフリカ学生同盟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケニヤッタ【Jomo Kenyatta】

1890?‐1978
ケニア独立運動の指導者,初代大統領。ムゼー(スワヒリ語で〈長老〉の意)の名で国民に敬愛された。1928年に民族運動組織キクユ中央協会(KCA)書記長となり,機関紙で健筆をふるう。翌29年,土地問題陳情のため渡英。31‐46年の第2回渡英中,ヨーロッパを回り,モスクワでも勉学するとともに,ロンドン大学で音声学人類学造詣を深め,出身部族であるキクユ族の生活を描いた《ケニア山のふもと》(1938)等を執筆。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ケニヤッタ【Jomo Kenyatta】

1891頃~1978) ケニアの政治家。キクユ族出身。反植民地運動を指導し、共和制移行とともに初代大統領に就任、のちに終身大統領となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケニヤッタ
けにやった
Jomo Kenyatta
(1894―1978)

ケニアの民族運動指導者、政治家。出身部族はキクユ。ナイロビ市庁勤務のかたわら、1922年青年キクユ協会に参加、1928年キクユ中央協会(KCA)書記長になり、翌1929年土地返還問題(イギリス植民地化に対する反対運動の一環。「ケニア」の項「歴史」の章参照)でイギリスに渡る。その後ロンドン大学、モスクワ大学で文化人類学を専攻、1938年キクユ人の慣習を書いた『ケニア山に向かいて』を出版した。第二次世界大戦中にイギリス女性と結婚。1945年の汎(はん)アフリカ主義運動第5回マンチェスター会議ではエンクルマらと事務局で活躍した。翌1946年に帰国しケニア・アフリカ人同盟(KAU)党首となり反植民地闘争を展開。1952年のマウマウの反乱直後に逮捕され、9年間獄中生活を送った。1960年ケニア・アフリカ人民族同盟(KANU)が結成され、KANUは制憲会議後に行われた選挙大勝後の組閣にあたってケニヤッタの釈放を要求。1961年8月釈放され11月KANU総裁に就任した。1963年12月独立ケニア初代首相、翌1964年の共和国移行とともに大統領に就任。1974年には終身大統領になったが、1978年8月22日病死した。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のケニヤッタの言及

【キクユ族】より

…これが九つのクランの起源だという。このような伝統的な文化と生活様式については,ケニアの初代大統領ジョモ・ケニヤッタがロンドン大学で人類学を学んでいるときに書いた《ケニア山のふもと》(1938。邦訳あり)に詳しく描かれているが,キクユは植民地支配に最も大きな影響を受けた民族であり,その生活も20世紀に入ってから急激に変化することになる。…

【ケニア】より

…ほかに北部の半砂漠地帯にはパラ・ナイル語系のトゥルカナ族(28万),や,クシ語系のソマリ系住民(42万),レンディーレ族,ボラナ族,ガブラ族,ガラ族などのラクダ,羊,ヤギなどを飼養する牧畜民が分布する。 キクユとルオの対立にみるような部族対立の解消のため,初代のケニヤッタ大統領は〈ハランベー(力を合わせて働こう)〉のスローガンを掲げて国民としての統合を求めた。有力部族のキクユ族から出たケニヤッタが亡くなったあと,後継にはキクユ,ルオ,カンバなどの有力部族を避け少数部族のトゥゲン(カレンジンに含まれる)出身のモイ大統領が選出された。…

※「ケニヤッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケニヤッタの関連キーワードバンダ(Hastings Kamuzu Banda)国際アフリカ・サービス・ビューロー近・現代アフリカ史(年表)ダニエル・アラップ モイバイヤード ランカスター総合年表(アフリカ)マンチェスター会議ジョセフ デジャンD.A. モイムワイ キバキB. オコト10月20日オディンガムアンギムワンギムボヤバンダモイ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケニヤッタの関連情報