ケヤキ(読み)けやき(英語表記)Japanese zelkova

日本大百科全書(ニッポニカ)「ケヤキ」の解説

ケヤキ
けやき / 槻

Japanese zelkova
keyaki tree
[学] Zelkova serrata (Thunb.) Makino

ニレ科(APG分類:ニレ科)の落葉高木。ツキノキともいう。高さ30メートル、径2メートルに達する。(こずえ)はほうき状に立つ。樹皮は象皮状で灰褐色、初めは平滑で、のちに鱗片(りんぺん)状にはげる。小枝は繊細。葉は互生し、狭卵形ないし卵状披針(ひしん)形で羽状脈がある。長さ3~7センチメートル、幅2センチメートル、先端は鋭くとがり、基部は円形から浅心形、辺縁には鋭い鋸歯(きょし)がある。花は4、5月、開葉とともに開き、淡黄緑色。雄花は新枝の下部に固まってつき、雌花は上部に1個つく。雄花は花被片(かひへん)4~6枚、雄しべ4~6本。雌花は雌しべ1本で、花柱は2裂する。果実は痩果(そうか)で10月ころ熟し、ゆがんだ扁平(へんぺい)球形、径5ミリメートル。本州、四国、九州の低山地に生え、朝鮮半島、台湾、中国に分布。庭木や並木に利用するほか、木理(もくり)が美しいので建築材、家具、船舶材として用いられる。名は「けやけき木」、すなわち顕著に目だつ木の意味という。の字は本来は中国のシナサワグルミの漢字である。

[伊藤浩司 2019年11月20日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ケヤキ」の解説

ケヤキ

本州〜九州,東アジアの山野にはえるニレ科の落葉高木。高さ30mにも達し,葉は狭卵形で先はとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。4〜5月,新葉とともに淡黄緑色の小さな花を開く。果実は堅く,ゆがんだ球形で,10月,褐色に熟す。材は強くて木目が美しく,建築,器具に重用する。また,竹ぼうきを立てたような特有の美しい樹形や四季それぞれの風情から並木,庭木,防風林,盆栽とする。
→関連項目造林

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android