コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲッキツ(月橘) ゲッキツMurraya paniculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲッキツ(月橘)
ゲッキツ
Murraya paniculata

ミカン科の常緑小低木。オレンジジャスミン,シルクジャスミンの名で観葉植物として普及している。東南アジアの熱帯,亜熱帯に分布し,台湾や琉球列島奄美大島にも自生がある。高さ3~8m。幹や枝は灰白色で平滑,若枝は緑色をしている。葉は互生し,羽状複葉で小葉は3~9枚。各小葉は楕円形で長さ2~5cm,全縁で質は軟らかく,先端中央はややくぼむ。夏に,枝先や葉腋から短く枝分れする花序を出し,数個の白花をつける。萼片,花弁は各5枚。長さ 1cmほどの卵形果実を生じ赤く熟す。植物体全体に芳香があり,しばしば人家に栽培される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android