ゲッキツ(英語表記)orange jasmine

世界大百科事典 第2版の解説

ゲッキツ【orange jasmine】

芳香を有するミカン科の常緑小高木で,分岐が多く,全体に毛がない。小枝は円柱形。樹皮はうすく,灰白色を呈する。葉は互生し,奇数羽状複葉,長さ8~15cm。小葉は3~7枚,長楕円形ないし卵形,葉の表は深緑色で光沢がある。夏季に腋生(えきせい)および頂生の短い集散花序を出し,少数の花をつける。花は白色で芳香があり,長さ約1.5~2cm。果実は卵形の液果で赤熟し,長さ約1cm,なかに1~2個の種子がある。奄美大島琉球諸島(石灰岩地に多い),台湾,中国南部,ミャンマー,インド,マレーシアに広く分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲッキツ
げっきつ / 月橘
[学]Murraya paniculata (L.) Jacks.

ミカン科の常緑小高木。葉は互生し羽状複葉、小葉は3~9枚、卵形で長さ2~8センチメートル。枝先に散房花序をつくり数個の花をつける。花は白色で放射相称。萼片(がくへん)5枚、花弁5枚、雄しべ10本、雌しべ1本からなり、芳香がある。沖縄以南の東南アジア、熱帯、亜熱帯に分布する。中国名を九里香(きゅうりこう)といい、よく生け垣などにされる。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android