コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤマキ(高野槙) コウヤマキ Japanese umbrella pine

1件 の用語解説(コウヤマキ(高野槙)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コウヤマキ【コウヤマキ(高野槙) Japanese umbrella pine】

ホンマキともいう。日本特産で寺院の境内や庭園にも多いスギ科の常緑大高木で,端正な樹形が美しい。高さ30mに達し,細い枝が短く水平に張るので狭い円錐形の樹冠を形成する。幹の樹皮は赤褐色で細長く裂け,厚い片となってはげる。葉は新枝の上部に10~45本ずつ群がってつく。各葉は螺生(らせい)する鱗片葉の葉腋(ようえき)から生じ,形態的には短枝の上につく長さ8~12cmの狭線形の針葉が2本横に癒合したものと同じであり,両面の中央に縦の溝がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコウヤマキ(高野槙)の言及

【スギ(杉)】より

…近縁のマツ科と比較すると,球果はマツ科より小型で,種鱗と包鱗が合着しており,花粉にマツ科のような2個の前葉体細胞がつくられず,気囊も欠くなど,マツ科より進化したつくりをもっている。マツ科との中間型を示すのがコウヤマキSciadopitysで,コウヤマキ科を設けることもある。 スギ科はヒノキ科と葉序以外に区別点がなく,ヒノキ科の1亜科として扱われることもある。…

【作手[村]】より

…中央部に長ノ山湿原があり,日本最小のハッチョウトンボが生息し,愛知高原国定公園に指定されている。鴨ヶ谷地区の甘泉寺境内にあるコウヤマキは天然記念物。本宮山スカイラインが走り,観光開発が進められている。…

※「コウヤマキ(高野槙)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コウヤマキ(高野槙)の関連キーワード境内社ホンマグロ境内寺内本蒔絵門前地子院日本氈鹿日本蝋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone