コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスナロ アスナロThujopsis dolabrata; arborvitae

3件 の用語解説(アスナロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスナロ
アスナロ
Thujopsis dolabrata; arborvitae

ヒノキ科の常緑高木で日本特産。下北半島から九州までの亜高山帯に自生し,しばしば大群落の天然林をつくる。ヒバまたはアテとも呼ばれ,生垣用または庭園樹としても植えられる。高さ 30m,幹の直径 60cmにもなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アスナロ

ヒバとも。ヒノキ科の常緑高木。本州〜九州の山地にはえる。葉はやや質厚く,大きな鱗状をなし,小枝や細枝に交互対生し,表面は緑色,裏面は周囲だけを残して他は雪白色をなす。
→関連項目クロベ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスナロ
あすなろ / 明日檜
hiba arbor-vitae
[学]Thujopsis dolabrata Sieb. et Zucc.

ヒノキ科の常緑針葉高木で、日本特産種。大きいものは高さ40メートル、直径1メートルにも達する。樹皮は黒褐色で縦に裂ける。葉はやや質が厚く、大きな鱗(うろこ)状をなし、小枝と細枝に交互に対生する。表面のものは緑色、裏面のものは周囲だけを残して雪白色である。雌雄同株で5月に開花。花は小さく細枝の先に1個つく。雄花は長楕円(ちょうだえん)形、青緑色で黄色の花粉を出す。雌花は8~10個の厚い鱗片(りんぺん)があり、その内面におのおの五つの胚珠(はいしゅ)がある。球果はほぼ球形で、長さ幅とも1.1~1.5センチメートル、種鱗(しゅりん)は4~5対あり、おのおのその形を異にしているが、いずれも先端が三角状針形で鉤(かぎ)状を呈する。初め帯白緑色、10月ころ淡褐色に成熟する。種子は卵状長楕円形、灰黄色で狭翼がある。本州、四国、九州の山地に自生する。材は淡黄色で、加工性がある。心材の保存性は高く、独特の香りがある。建築、土木、船舶、車両、機械、器具、彫刻、経木(きょうぎ)、薬用などに利用する。
 変種にヒノキアスナロがあり、北海道(渡島(おしま)半島の一部)、関東地方以北の本州に分布する。アスナロに比べ鱗片葉の幅が広く厚く、球果が球形で角(つの)状の突起がほとんどないので区別される。青森県の下北、津軽両半島の天然の純林は有名である。また石川県能登(のと)半島のアテ林業が有名であるが、これはヒノキアスナロの林業品種である。ほかに鱗片葉が著しく細いホソバアスナロが青森県に生育する。また園芸変種に、主幹が立たず多幹性の低木で、球形または半球形の樹形をなすヒメアスナロがあり、庭園、公園に植える。
 アテ、アスナロウ、サハラ、ヒバ、ラカンマキなど別名が多く、アスナロは明日(あす)はヒノキになろうの意味であるとの説もある。[林 弥栄]

文化史

すでに『枕草子(まくらのそうし)』に、アスナロの語源の一つとされる「あすはひの木」の名がみえ、その語源について触れられている。
 北海道の林業はアスナロに始まり、道南の檜山(ひやま)は蝦夷檜木(えぞひのき)とよばれたアスナロに由来している。1678年(延宝6)には江差(えさし)に檜山奉行が置かれて材の管理が行われ、松前藩の財政を支えたが、津軽藩(青森県)にとってもアスナロは重要な財源であった。しかし、1695年(元禄8)の山火事や、戦時中の造船材としての乱伐から、北海道の天然林はほとんど消失した。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスナロの関連情報