コウヤワラビ(英語表記)sensitive fern

世界大百科事典 第2版の解説

コウヤワラビ【sensitive fern】

著しい2形をした葉が特徴的なメシダ科のシダ(イラスト)。原野山野川岸の湿った所に生える。根茎は長く横走し,葉をややまばらにつける。栄養葉と胞子葉は著しい2形を示す。栄養葉は全長30~60cm,葉柄は葉身よりも長く,下部に淡褐色卵形の鱗片をまばらにつける。葉身は広卵形または三角状楕円形,1回羽状に分裂し,中軸上部では羽片が流れて幅の広い翼となる。羽片は波形の鈍い鋸歯縁となる。葉脈網状脈である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウヤワラビ
こうやわらび / 高野蕨
[学]Onoclea sensibilis L.

オシダ科の夏緑性シダ。葉に栄養葉と胞子葉の2型がある。栄養葉は柔らかい草質、広卵形で1回羽状に分裂し、中軸の上部には翼がある。羽片は線状長楕円(ちょうだえん)形、縁は緩く波打つ。葉脈は網状結合し、網目の中に遊離脈はない。胞子葉は2回羽状に分裂。葉肉は退化し、羽軸に多数の球形の小羽片がつき、透明な包膜をもった胞子嚢(ほうしのう)群を包む。日本各地の水辺など、湿った所に生育する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android