コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバルト華 コバルトかerythrite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コバルト華
コバルトか
erythrite

(Co,Ni)3(AsO4)2・8H2O 。コバルト鉱物単斜晶系柱状粉状粒状,皮殻状など。劈開{010}に完全。硬度 1.5~2.5,比重 2.948。紅色,紅灰白色ガラス光沢,透明ないし半透明。コバルト鉱石の2次鉱物として産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバルト華
こばるとか
erythrite

コバルト(Co)の含水ヒ酸塩鉱物。輝コバルト鉱のようなコバルトの硫砒(りゅうひ)化物あるいは砒化物の酸化分解によって生成される二次鉱物。多量に産すればコバルトの鉱石鉱物となる。日本では山口県美東(みとう)町(現、美祢(みね)市美東町)長登(ながのぼり)鉱山(閉山)、兵庫県生野(いくの)鉱山(閉山)などから産出した。自形は平行四辺形の輪郭をもった板状。通常は微細な針状あるいは粉末ないし皮膜状。独特の紅色調が特徴である。加熱するとコバルトブルーの粉末になる。酸に溶ける。なお含コバルト硫砒鉄鉱の分解によっても生成される。英名はギリシア語で紅色を意味するerythrosにちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコバルト華の言及

【コバルト鉱物】より

…日本でも接触交代鉱床など比較的高温で生成した鉱床中に認められる。それらの鉱床の酸化帯にはしばしば紅色のコバルト華erythrite Co3(AsO4)2・8H2Oを産する。四国のキースラーガーの佐々連(さざれ)・白滝両鉱床から,局部的に顕微鏡的な大きさのカロライトを産する。…

※「コバルト華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コバルト華の関連キーワードコバルト華(データノート)菱コバルト鉱ヘテロゲン鉱閉山砒素赤礬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android