コブシガニ(英語表記)Leucosia obtusifrons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コブシガニ
Leucosia obtusifrons

軟甲綱十脚目コブシガニ科 Leucosiidae。甲長,甲幅とも 3cmほどで,半球形。橙赤色で陶器のような光沢がある。東京湾以南インド洋東部までの水深 50~100mの砂泥底にすむ。コブシガニ科は一般に甲幅 0.5~2cmで,丸みを帯びた美しい種が多い。歩脚の断面は丸く,砂泥底をもっぱら前に歩く。額が突出したツノナガコブシ L. anatum や鋏脚の長いテナガコブシ Myra celeris など浅海に生息する種が多く,日本産は約 80種である。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コブシガニ

甲殻類コブシガニ科のカニ。甲幅約3cm。口は前にとがった三角形で,甲は丸く,赤褐色地に黄色の丸い大小の紋が3対並ぶ。東京湾〜九州沿岸の30〜100mの砂泥底にすむ。細い脚で前方にゆっくりと歩む。コブシガニ科は日本に約60種。内湾の砂泥の潮間帯に普通にみられるマメコブシガニ緑青色で甲長1.8cmくらい,初夏,交尾前に雄が雌を抱いて歩き回る習性がある。ツノナガコブシガニは甲長3cmくらい,甲は陶器光沢をもち,淡赤褐色で美しい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブシガニ
こぶしがに / 拳蟹
[学]Leucosia obtusifrons

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目コブシガニ科に属するカニ。甲に光沢がある美しいカニで、東京湾から九州まで分布するほか、スリランカからも記録されている。水深50~100メートルの砂泥底にすむが、個体数はあまり多くない。甲は半球状で、甲幅3センチメートルほど。橙赤(とうせき)色で、甲面の中央部左右に2個ずつ、後方に1個ずつの淡色の紋がある。近縁種のヨツメコブシガニL. unidentataでは後方の紋がなく、ツノナガコブシガニL. anatumでは紋が小さく、白線がそれらを結ぶ。ヒシガタコブシガニL. rhomboidalisは甲の輪郭が縦長の菱(ひし)形で、額(がく)の中央部に小さな突起がある。日本産のコブシガニ科は約60種が知られている。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android