コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマクサ

百科事典マイペディアの解説

コマクサ

北海道,本州北中部の高山帯の砂礫(されき)地にはえ,千島,カムチャツカにも分布するケシ科の多年草。葉は根生して3出状に細かく裂け,粉緑色を帯びる。夏,葉間から高さ10cm内外の先がたれた花茎を出し,上端に淡紅紫色を帯びた長さ約2cmの花を数個下垂する。花弁は4枚,外側の2枚は基部がふくれ,上半がそり返る。花の形をウマの顔に見たてて駒草といわれる。近縁に観賞用に栽培されるケマンソウがある。
→関連項目高山植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマクサ
こまくさ / 駒草
[学]Dicentra peregrina (Rudolph) Makino

ケシ科の高山植物。高さ5~15センチメートル。全草は粉白色を帯びた緑色。葉は無毛で細かく切れ込む。7~8月、5~10センチメートルの花茎を出し、数個の桃色の花をつける。萼片(がくへん)は2枚、花弁は4枚。外側の2枚の下部は袋状、内側の2枚は上端でくっつく。雄しべは6本、雌しべは1本。(さくか)は長楕円(ちょうだえん)形、中に黒い小さな種子がある。花の形が馬の頭に似ているところから駒草の名がある。アルカロイドを含み、木曽(きそ)地方では古くから薬草として利用されてきた。北海道、本州中北部の高山に生育し、樺太(からふと)(サハリン)、千島、カムチャツカ、シベリア東部にまで分布する。コマクサ属には約20種があり、東アジア、北アメリカに分布し、東アフリカにも1種分布する。[寺林 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コマクサの関連キーワードケマンソウ(華鬘草)御嶽山県立自然公園キイロウスバアゲハ駒ヶ岳(秋田県)コマクサ(駒草)芥子科・罌粟科ウスバキチョウ野口五郎岳双子葉植物秋田駒ケ岳志賀高原高山草原宿主選択薄翅黄蝶キケマン烏帽子岳白馬岳蔵王山岩菅山大雪山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コマクサの関連情報