コミ(読み)こみ(英語表記)КомиKomi

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミ(ロシアの地名)
こみ
Коми Komi

ロシア連邦西部にある共和国。ソ連時代の1921年自治州、36年自治共和国、36年コミ自治ソビエト社会主義共和国Коми АССР/Komi ASSRとなり、ソ連崩壊(1991年12月)後の92年5月にコミ共和国Республика Коми/Respublika Komiとなる。面積41万5900平方キロメートル、人口115万2000(1999)。首都はシクティフカル
 東部のウラル山脈、中央部のチマン山地のほかは丘陵性の平原で、北部にツンドラ(永久凍土帯)があるが、大部分はタイガ(針葉樹林帯)である。この一帯は1995年にユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。ウラル語族のフィン・ウゴル語派に属するコミ人(23.3%)の国であるが、ロシア人が過半数(57.5%)を占めている(1989)。石油、天然ガス、石炭、木材の資源に恵まれ、開発が進められている。主要な工業は製材、食品工業など。農業は畜産が中心で、北部でトナカイ、毛皮獣飼育が行われている。交通はペチョラ川、ブイチェグダ川の水運、コトラスからボルクタを結ぶ鉄道が主である。[中村泰三・小俣利男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コミの関連情報