コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリマ[山] コリマ

百科事典マイペディアの解説

コリマ[山]【コリマ】

メキシコ中部,西シエラ・マドレ山脈の活火山。標高4100m。南方約45kmにある古都コリマから美しい姿が見られる。古い火山ネバド・デ・コリマ(4360m)の南側に噴出した成層火山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリマ[山]【Volcán de Colima】

メキシコ中部太平洋側のハリスコ州にあり,すでに浸食をうけた古い火山ネバド・デ・コリマ(標高4360m)の南側に噴出した輝石角セン石安山岩からなる截頭円錐形の成層火山(3960m)。ボルカン・デル・フエゴ(火の火山)の別名が示すように歴史時代に入って噴火を繰り返し(1576以降),最近も活動中。1896年には北東側に小寄生火山エル・ボルカンシトが生まれた。【勝井 義雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android