コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルディエラセントラル山脈 コルディエラセントラルさんみゃくCordillera Central Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルディエラセントラル山脈
コルディエラセントラルさんみゃく
Cordillera Central Mountains

フィリピン,ルソン島北部にある南北方向の山脈。東側はカガヤン川の平野に接し,西側はイロコス山脈を経て海岸平野に続く。幅 60~90km,長さ 320km。南部マドレ山脈と合して,ルソン中央平野の北縁をなすカラバリョ山地となる。南部には最高峰のプログ山 (2934m) をはじめ高山が多く,北部で低くなる。安山岩片麻岩などからなり,銅,金,銀などの鉱産資源が埋蔵されている。イフガオ族ボントク族,カリンガ族などの少数民族が住む。イフガオ州マウンテンプロビンス州の棚田は 1995年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コルディエラセントラル‐さんみゃく【コルディエラセントラル山脈】

Cordillera Central》南アメリカ、アンデス山脈の中部を構成する山脈。コロンビアとペルーにまたがり、南北方向に連なる。中央コルディエラ山脈。セントラル山脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コルディエラセントラル山脈の関連キーワードカリンガアパヤオ州ヌエバビスカヤ州モンセラーテの丘ベンゲット州ラウニオン州イゴロット族マニサレスアブラ州キリノ州トリマ山イフガオラオロヤバギオネイバイバゲ