コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロナ corona

翻訳|corona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロナ
corona

太陽の最外層で,彩層の外側に広がる部分。皆既日食時には肉眼で見ることができるが,コロナグラフを使えば平時でも観測できる。コロナの光度は,満月の約半分。黒点の極大期と極小期で光度や形はかなり変化する。コロナの光は,電離気体自身の輝線スペクトル,自由電子が太陽光を散乱してできた連続光,惑星間空間に広がる塵が太陽光を散乱してできた連続光の3成分から成る。コロナの温度は約 100万度,電子密度は,表面から太陽の半径だけ離れたところで 1cm3あたり 106 個。コロナがこのように高温であるのは,光球の対流層からきた衝撃波がコロナを加熱しているためと思われている。コロナは,太陽プラズマ (太陽風 ) ,短時間の爆発的電波放射の発生源でもある。

コロナ

石油ストーブの開発で知られる石油燃焼機器メーカー。 1950年内田製作所として設立。 55年,日本初の石油ストーブを開発・生産,以降,業界の牽引役として発展。現在では石油ストーブで4割,ファンヒーターで2割のシェアをもつ一方,空調,給湯,家電まで網羅する総合住宅設備機器メーカーとなっている。売上構成比は,石油暖房機器 42%,空調・家電機器 28%,住宅設備機器 21%,その他9%。年間売上高 691億 6600万円 (連結。うち輸出4%) ,資本金 74億 4900万円,従業員数 2009名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コロナ

天体などの周囲に広がって見える発光体。恒星にも存在するが,ふつうコロナという場合には,太陽コロナを指すことが多い。これは太陽大気の最外層で,皆既日食の際,黒い太陽のまわりに半径の数倍にわたって白く輝く。
→関連項目紅炎光球

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

コロナ

corona, corona texture: 輝石,角閃石,石榴(ざくろ)石などの鉱物が同心円状に配列した組織で,橄欖(かんらん)石やハイパーシンなどの鉱物を中心核として放射状に配列したものである.コロナは斑糲(はんれい)岩,ノーライト,ハイパライトなどの塩基性岩に普通に産出する.コロナは広義には反応縁と同じに用いられるが,狭義にはマグマの晶出の間に早期晶出の鉱物と残液との反応によって早期鉱物の周りにできた反応縁をいう.コロナは核の鉱物と他の鉱物の間の二次的な変成反応によって形成されたか,火成作用でマグマからの結晶の析出に引き続いて既存の鉱物と残液とが反応して直接形成されたものである[Lacroix : 1889, Sederholm : 1916].一つの結晶粒が他の一種類または複数種の異なった鉱物結晶で取り囲まれている組織.橄欖石が輝石で囲まれるもの,角閃石が黒雲母で囲まれるものなどがある.この組織は熔融体内での鉱物の不完全な反応の結果か,流体によって外側の鉱物が形成されたと考えられ,しばしば反応縁(reaction rim)または反応コロナ(reaction corona)という成因的な語と同じに使われている[MacKenzie, et al. : 1982].不連続反応系列の後期に形成されたもので,例えば橄欖石の周囲を取り巻いて短柱状の輝石と斜長石の連晶が放射状に形成されたものがある[Bowes : 1989].コロナは初生的な成因の縁で,一方ケリファイト(kelyphite)は二次的に形成された反応縁とすべきものである.ラテン語のcoranaは冠(crown)のこと.
coronite: この語はブレガー(W. C. Brögger)が講義で用いたが,発表していない[Holmes : 1920].その後二つの使い方があり,反応縁をいう[Buddington : 1939]場合と,コロナを含む火成岩をいう[Shand : 1945]場合がある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

コロナ

トヨタ自動車が1957年から2001年まで製造、販売していた乗用車。4ドアセダンを中心とする。カローラクラウンと並ぶ、トヨタの主要車種の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

コロナ

正式社名「株式会社コロナ」。英文社名「CORONA CORPORATION」。金属製品製造業。昭和25年(1950)「株式会社内田製作所」設立。平成4年(1992)現在の社名に変更。本社は新潟県三条市東新保。暖房機器メーカー。石油ファンヒーターや石油ストーブなど石油暖房機器の大手。空調機器や住宅設備機器も製造。東京証券取引所第1部上場。証券コード5909。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロナ【corona】

冠に語源をもち,天体などの周囲に広がって見える発光体をいう。
[太陽コロナ]
 皆既日食のときに月に覆い隠された太陽光球をとり巻いて外側に大きく真珠色に広がって見える太陽最外層大気。単にコロナといえば太陽コロナをさす。これは有史以前から日食を通して人類に知られていたと思われる。コロナの明るさは光球の100万分の1に過ぎないので通常日食以外では見えないが,空気中のちりによる散乱の少ない高山などに設置されたコロナグラフによれば,光球の近くにある比較的明るい内部コロナは日食以外のときでも見ることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コロナ【corona】

太陽大気の最外層。皆既日食の時、太陽の周りに真珠色の淡光として見える。
光冠 」に同じ。
コロナ放電に伴って発せられる光。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロナ
ころな
corona

コロナとよばれるものには、太陽コロナ、恒星のコロナ、銀河コロナ、光冠、地球コロナがある。[日江井榮二郎]

太陽コロナ

皆既日食の際、黒い太陽の周りに真珠色に輝いて見える太陽最外層の大気。輝度は光球の約100万分の1でほぼ満月の明るさである。コロナの形は日食ごとで異なり、黒点数が極大となる時期にはほぼ円形となり、極小期には太陽の極方向のコロナが縮まり赤道方向に伸びた扁平(へんぺい)な形となる。コロナは一様な明るさではなく、磁力線を思わせるような微細な筋(すじ)構造が見える。[日江井榮二郎]
実体・種類
コロナの実体は主として陽子と電子、および微量の鉄、カルシウムなどの金属イオンからなる希薄なプラズマである。約1億分の1気圧、数密度にすると1立方センチメートル当り1億個程度である。コロナの明るさの99%はコロナ中の自由電子による太陽の散乱光である。したがってコロナの色は太陽光と同じであり、かつ偏光をしている。自由電子は1秒間に7000キロメートルという激しい熱運動をしているので、太陽の吸収線はドップラー偏移を著しく受けてほぼ完全にかき消され、一見、連続スペクトルのようになる。この散乱光によるコロナをKコロナ(ドイツ語のKontinuierlichen Koronaにちなむ)という。残りの1%はコロナ自身の発光であり、十数個の電子を失った高階電離の鉄やカルシウムなどのイオンによる輝線である。これをEコロナEmission Koronaという。太陽の縁(ふち)から太陽半径の3倍ぐらい離れると、惑星間空間に分布する塵(ちり)による太陽光の散乱光が卓越してくる。このスペクトルは塵の熱運動が遅いので太陽光球のスペクトルが見られ、多数の吸収線が認められる。これをFコロナFraunhofer Koronaという。[日江井榮二郎]
温度・加熱・理論
コロナ中に高階電離したイオンが存在していること、自由電子の激しい熱運動のあること、コロナの数密度の高さ分布が地上に比べてはるかにゆっくりと減少していること、また太陽電波の熱放射などからコロナは100万~200万Kの高温であることがわかった。光球が6000Kであるのに、その外側にある大気を200万Kを超える高温に保つためには、太陽本体から非熱的な過程によってエネルギーが運ばれていると考えなければならない。
 1960年代からコロナ加熱の理論的な研究が進められ、光球の内部でおこっている対流から圧縮波が発生し、コロナ中で衝撃波となって熱化するという説が広く受け入れられていた。しかし科学衛星による観測によっても衝撃波をみいだすことができないこと、対流は光球全面で生じているので、全面でコロナが明るいことが予想されたにもかかわらず、X線で観測したコロナは磁場の強い黒点のところでとくに明るく、またコロナホールとよばれるコロナのきわめて暗い領域も存在することがわかった。コロナホールからは太陽風が吹き出していて、それが地球に当たると地磁気擾乱(じょうらん)をおこす。これらのことから1980年代には、コロナの加熱は音波衝撃波によるのではなく、電磁気的加熱である可能性が強くなった。コロナ中の磁場に沿って伝播(でんぱ)する磁気流体の熱化とか、コロナ中の電流の熱化などが考えられているが、まだ定説はない。[日江井榮二郎]
観測
皆既日食はコロナ観測の絶好の機会である。天候に左右されるという欠点はあるが、地上に大型の観測機器を設置して微細な構造を調べることができる。コロナ中の筋構造はコロナの加熱との関連で観測されている。コロナの写真やCCDを用いた観測では満月で露光を決める。気温は下がるので、皆既直前に焦点位置を決めるとよい。日食外のコロナ観測はコロナグラフを使い、Eコロナを観測している。Eコロナの明るさはコロナ中の磁場の存在と密接な関連があると考えられている。
 1991年(平成3)8月30日に文部省(現文部科学省)宇宙科学研究所が打ち上げた科学衛星「ようこう」は、X線望遠鏡、X線分光器によって、コロナの研究を精力的に行っている(宇宙科学研究所は2003年10月より宇宙開発事業団、航空宇宙技術研究所と統合して独立行政法人、宇宙航空研究開発機構となった)。また96年にはESA(ヨーロッパ宇宙機関)が科学衛星「SOHO」を打ち上げ、紫外線、X線での太陽観測を行い、「ようこう」と共同してコロナの研究を進めている。[日江井榮二郎]

恒星のコロナ

太陽コロナの加熱が音波衝撃波によるものであると考えられていた1960~70年代には、理論的に知られていた恒星の対流運動を基に、そこから発生する圧力波のエネルギーを推定し、恒星のコロナについて予想がされていた。それによると、恒星のスペクトル型がA型より早期型の高温の星では表面対流層が存在していないのでコロナはなく、また巨星は表面重力が小さくて高温コロナのプラズマを重力で引き止めておくことができないためにコロナがないと推定されていた。しかしアメリカのX線天文衛星であるアインシュタイン衛星の観測は予想を覆し、ほとんどの恒星が強いX線を放射しており、高温の外層大気すなわち広義のコロナをもつことを示した。A型より早期型では明るい恒星ほどコロナが強く、またF型より晩期型では自転速度の速い恒星ほどコロナが強いことがわかった。巨星にもコロナが存在することは、太陽と似た磁場による高温プラズマの閉じ込めによるものかもしれない。恒星の自転はダイナモ機構によって磁場の発生と関連があると考えられているので、晩期型の恒星のコロナも磁場の存在と密接な関連があると思われる。早期型の恒星のコロナは、大気を構成しているプラズマが強い放射圧により吹き飛ばされ、そのプラズマ運動の熱化によってコロナがつくられるという説があるが、磁場もかかわりをもっている可能性もある。[日江井榮二郎]

銀河コロナ

高温のプラズマが銀河を大きく取り巻いていて、ハローとよばれる。[日江井榮二郎]

光冠

薄雲のベールで覆われているときに見える太陽や月の周りの光の輪。[日江井榮二郎]

地球コロナ

地表から高さ数千~数万キロメートルの地球大気の外縁には主として水素とヘリウムからなる希薄な中性大気圏が形成されていて、太陽からの紫外線放射を選択的に散乱し、地球全体を淡い紫外グローで包む。この大気圏を地球コロナという。[日江井榮二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコロナの言及

【銀河系】より

…なお,種族IIの天体の一部は,この銀河系主体の周辺の,やや扁平な球状の範囲にも希薄ながら分布しており,この部分をハローhaloと称している。以上が銀河系の構成であるが,最近は,銀河系の範囲が,上記のハローの部分のずっと外側にまで広がっているという説が有力となり,目には見えないこの広がりの部分を,コロナcoronaと呼ぶ例も目につくようになった。 アンドロメダ銀河をはじめとする多くの渦巻銀河に見られる渦巻模様が,わが銀河系にも存在することは,1951年に初めて明らかにされた。…

【フェルマータ】より

で表される。イタリア語では記号の形状からコロナcoronaともいう。大別して(1)正規の拍節が停止されて音符や休符が延長されること(延長記号),(2)曲の区切りや終止,の二つの意味がある。…

【銀河系】より

…なお,種族IIの天体の一部は,この銀河系主体の周辺の,やや扁平な球状の範囲にも希薄ながら分布しており,この部分をハローhaloと称している。以上が銀河系の構成であるが,最近は,銀河系の範囲が,上記のハローの部分のずっと外側にまで広がっているという説が有力となり,目には見えないこの広がりの部分を,コロナcoronaと呼ぶ例も目につくようになった。 アンドロメダ銀河をはじめとする多くの渦巻銀河に見られる渦巻模様が,わが銀河系にも存在することは,1951年に初めて明らかにされた。…

【光冠】より

…光環とも書き,英語ではコロナcoronaという。層状の中層の雲である高層雲などを通して太陽や月を見た時,そのまわりに現れる視半径2~5度の光の輪である。…

※「コロナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コロナの関連キーワードocculting discかぜ症候群をおこすウイルスSARSコロナウイルスMERSコロナウイルス広島県福山市一文字町ファントムコスモス皆既日食・皆既日蝕乗鞍コロナ観測所パーカーのモデルSPACE21コロナウイルスハイパライトトヨタ自動車コロナ観測所プロミネンスコロナ化作用コロナホールコロナ障害静電発電機極型コロナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コロナの関連情報