コンセプシオン(読み)こんせぷしおん(英語表記)Concepción

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンセプシオン(パラグアイ)
こんせぷしおん
Concepcin

南アメリカ中部、パラグアイ北部、コンセプシオン県の県都で、パラグアイ川に面する港湾都市。人口4万5068(2002)。北部パラグアイの主要貿易港で、牛皮革、木材、マテチャおよびケブラチョエキス(タンニン)などを輸出する。ブラジル国境の町ペドロ・フアン・カバレロまで高速道路が通じる。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コンセプシオン(パラグアイ)【コンセプシオン】

パラグアイ中央部,パラグアイ川河岸の河港都市。チャコ地域の商業・文化の中心で,牛,マテ茶,ケブラチョ(タンニン原料)などの集散地。水運の他にブラジルのポンタ・ポラン市に国道が通じている。4万4000人(2002)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android