コンセプチュアルアート(英語表記)conceptual art

デジタル大辞泉の解説

コンセプチュアル‐アート(conceptual art)

概念芸術。1960年代以降に現れた現代美術の一傾向。作品よりも作品制作の根底をなす芸術の概念自体を問題とし、図表・文字・写真・パフォーマンスなどを媒体として多様な表現がなされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コンセプチュアルアート【conceptual art】

1960年代以降の現代芸術の潮流の一。作品における物質的側面よりも観念性・思想性を重視し、記号・文字・パフォーマンスなどによる表現を目指す芸術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンセプチュアルアートの関連情報