コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サガリバナ Barringtonia racemosa (L.) Spreng.

2件 の用語解説(サガリバナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サガリバナ【Barringtonia racemosa (L.) Spreng.】

サガリバナ科の常緑小高木で,アフリカ東岸部から東南アジア太平洋地域にいたる広い範囲に分布し,北限は日本の奄美大島。ふつう海岸付近の低湿地,マングローブ背後の湿地または内陸の河川沿いの湿地に生育し,しばしば群生する。葉は長さ20~30cmの長楕円形~長倒卵形,小さい鈍鋸歯があり,枝先にかたまってつく。小枝は太く,葉痕が顕著。葉腋(ようえき)から長さ50~70cmの総状または穂状の花序を下垂し,たくさんの花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サガリバナ
さがりばな / 下り花
[学]Barringtonia racemosa (L.) Bl.

サガリバナ科の中高木。葉は枝先に束生し、ほぼ無柄、倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ10~30センチメートル。縁(へり)は波状で、若葉は赤褐色を帯びる。総状花序は下垂して長さ約50センチメートルに達し、花は白ないし淡紅色。雄しべは多数、刷毛(はけ)状で長さ3~4センチメートル。果実は卵形で長さ約5センチメートル。マングローブ林の後背地や湿地に生え、奄美(あまみ)大島以南、および東南アジア、インドに分布する。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サガリバナの関連キーワードブラジルナッツ上がり端下がり花南燭姫榁姥目樫ロンガン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サガリバナの関連情報