コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サガリバナ Barringtonia racemosa (L.) Spreng.

世界大百科事典 第2版の解説

サガリバナ【Barringtonia racemosa (L.) Spreng.】

サガリバナ科の常緑小高木で,アフリカ東岸部から東南アジア,太平洋地域にいたる広い範囲に分布し,北限は日本の奄美大島。ふつう海岸付近の低湿地,マングローブ背後の湿地または内陸の河川沿いの湿地に生育し,しばしば群生する。葉は長さ20~30cmの長楕円形~長倒卵形,小さい鈍鋸歯があり,枝先にかたまってつく。小枝は太く,葉痕が顕著。葉腋(ようえき)から長さ50~70cmの総状または穂状花序を下垂し,たくさんの花をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サガリバナ
さがりばな / 下り花
[学]Barringtonia racemosa (L.) Bl.

サガリバナ科の中高木。葉は枝先に束生し、ほぼ無柄、倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ10~30センチメートル。縁(へり)は波状で、若葉は赤褐色を帯びる。総状花序は下垂して長さ約50センチメートルに達し、花は白ないし淡紅色。雄しべは多数、刷毛(はけ)状で長さ3~4センチメートル。果実は卵形で長さ約5センチメートル。マングローブ林の後背地や湿地に生え、奄美(あまみ)大島以南、および東南アジア、インドに分布する。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サガリバナの関連情報