コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サガリバナ Barringtonia racemosa (L.) Spreng.

世界大百科事典 第2版の解説

サガリバナ【Barringtonia racemosa (L.) Spreng.】

サガリバナ科の常緑小高木で,アフリカ東岸部から東南アジア,太平洋地域にいたる広い範囲に分布し,北限は日本の奄美大島。ふつう海岸付近の低湿地,マングローブ背後の湿地または内陸の河川沿いの湿地に生育し,しばしば群生する。葉は長さ20~30cmの長楕円形~長倒卵形,小さい鈍鋸歯があり,枝先にかたまってつく。小枝は太く,葉痕が顕著。葉腋(ようえき)から長さ50~70cmの総状または穂状花序を下垂し,たくさんの花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サガリバナ
さがりばな / 下り花
[学]Barringtonia racemosa (L.) Bl.

サガリバナ科の中高木。葉は枝先に束生し、ほぼ無柄、倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ10~30センチメートル。縁(へり)は波状で、若葉は赤褐色を帯びる。総状花序は下垂して長さ約50センチメートルに達し、花は白ないし淡紅色。雄しべは多数、刷毛(はけ)状で長さ3~4センチメートル。果実は卵形で長さ約5センチメートル。マングローブ林の後背地や湿地に生え、奄美(あまみ)大島以南、および東南アジア、インドに分布する。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サガリバナの関連キーワードゴバンノアシ(碁盤の足)ゴバンノアシ(碁盤脚)ホウガンボク(砲丸木)サガリバナ(下り花)ブラジルナッツノキパラダイスナッツブラジルナッツサガリバナ科沖縄(県)サプカイア下がり花内間御殿沢藤玉蘂下藤甘木下花

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サガリバナの関連情報