コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササン朝美術 ササンちょうびじゅつSasanian art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササン朝美術
ササンちょうびじゅつ
Sasanian art

3世紀から 7世紀にかけてのササン朝治下のペルシア美術。伝統的なペルシア文化を受け継いで開花させ,古代オリエント芸術の最後を飾った。強大な王権の表現として,多くの磨崖浮彫が知られる。代表例としてナクシェ・ロスタムの『アルダシール1世の叙任式図』『シャプール1世の戦勝図』 (→ナクシェ・ロスタム遺跡) ,ターケ・ボスターン大洞窟の『帝王狩猟図』などがある。建築はパルティアの影響を受け,ドームやイーワーンが発達,クテシフォンの宮殿,フィルザーバードのアルダシール1世の宮殿などの遺構がある。金銀器,ガラス器,絹織物などの工芸品には,シルクロードによる文物の交流を偲ばせる貴重な品が多い。 (→イラン美術)

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ササンちょうびじゅつ【ササン朝美術】

イラン高原とユーフラテス川以東のメソポタミア平原を主として支配したササン朝ペルシアは,帝王の絶対的権威ゾロアスター教を国家統一の精神的基盤とした。ササン朝美術は,宗教と一体となった帝王の権威を誇示することを目的としたもの,ないしは帝王を中心とする宮廷貴族文化に関係したものが大半を占める。ササン朝美術の形成にあたりアケメネス朝美術の伝統をふまえ,前代パルティア美術同時代のローマ,ビザンティン美術の摂取総合がなされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ササンちょうびじゅつ【ササン朝美術】

ローマ美術を摂取しつつ古代ペルシャの伝統を復興したササン朝の美術。華麗な装飾性に富んだ金工・染織などの工芸、磨崖まがい浮き彫りに特色を示す。工芸品は正倉院御物にも伝来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ササン朝美術
ささんちょうびじゅつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のササン朝美術の言及

【イスラム美術】より

…しかし,その内容が聖俗両面にわたっているため,たとえイスラムの発展と歩みを共にしたとはいえ,キリスト教美術や仏教美術などと同列に置いて考えることはできない。 イスラム美術は,ササン朝ペルシア(ササン朝美術),古代地中海世界などの美術を母胎として出発し,征服地の土着的伝統を吸収しながら,独自の様式を確立した。それは,きわめて抽象性,平面性の強い,装飾性に富んだ様式である。…

※「ササン朝美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ササン朝美術の関連キーワードアルメニア美術イスラム工芸イスラム美術イラン高原ローマ美術伝来金工染織

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android