サトウヤシ(英語表記)sugar palm

世界大百科事典 第2版の解説

サトウヤシ【sugar palm】

ヤシ科の高木で,砂糖をとるヤシとして有名である。は高さ15~30m,直径40~65cm,黒色で,表面はたいへん粗い。葉は羽状全裂で長さ6~12m,羽片は細長く,先端は切頭歯状で裏面は灰白色穂状花序は長さ1~3m,花は雌雄同株果実核果で扁球形,長さ3~5cm,黄褐色に熟し,なかに2~3個の種子がある。インドからマレーシアに分布し,アジアの熱帯に広く栽培されている。属名Arengaマレー半島の古い現地名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サトウヤシ
さとうやし
sugar palm

ヤシ科(APG分類:ヤシ科)クロツグ属の1種Arenga pinnata Merr.の和名。また、オウギヤシ、サトウナツメヤシ、チリーヤシなど、砂糖をとるヤシの俗称。やし酒(ツデーtoddy)にもするので酒ヤシtoddy palmの名もある。

[佐竹利彦 2019年4月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサトウヤシの言及

【ヤシ(椰子)】より

…葉鞘につつまれた新芽は柔らかく,東南アジア・マレーシア地域には野菜として利用される種が多数ある。若い花序を切ると糖液を分泌する種(サトウヤシが代表的)では,糖みつを採取したり,アルコール飲料を作るのに用いられる。果実が食用あるいは油脂源とされるものは多いが,なかでもココヤシ,アブラヤシナツメヤシ(イラスト)の3種が有名で,熱帯の重要な栽培作物となっている。…

※「サトウヤシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報