コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムソンとデリラ

6件 の用語解説(サムソンとデリラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

サムソンとデリラ

1949年製作のアメリカ映画。原題《Samson and Delilah》。旧約聖書に登場するサムソンとデリラの物語を原作とする歴史スペクタクル。監督:セシル・B・デミル、出演:ヘディ・ラマー、ビクターマチュア、アンジェラ・ランズベリーほか。第23回米国アカデミー賞美術賞(カラー)、衣裳デザイン賞(同)受賞。

サムソンとデリラ

フランスの作曲家カミーユ・サン・サーンスフランス語による全3幕のオペラ(1877)。原題《Samson et Dalila》。『サムソンとダリラ』とも呼ばれる。旧約聖書のサムソンの物語に基づく。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サムソンとデリラ

サムソンSamsonは古代イスラエル士師(しし)の一人。ペリシテ人との戦いに豪勇,怪力をもって活躍。愛人デリラDelilahの裏切りで,怪力の秘密である長髪を失い,ペリシテ人に捕らえられ盲目にされた。
→関連項目サン・サーンス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サムソンとデリラ【Samson and Delilah】

1949年製作のアメリカ映画。《暴君ネロ》(1932),《クレオパトラ》(1934)に続いてセシル・B.デミル監督が1935年に企画した古代史劇で,戦後,1948年になってV.ヤボチンスキーの《士師と愚者》を原作にして〈ドラマ〉を組み立てた。当時76歳のA.ズーカー社長をはじめパラマウントの幹部は,イスラエルの士師サムソンが愛人デリラに欺かれてペリシテ人の手に渡るという旧約聖書の伝説を〈冷戦〉の幻滅の時代に映画化することに消極的であったが,デミルは大男サムソンに扮したビクター・マチュアと妖艶な美女デリラに扮したへディ・ラマールの〈肉体美〉を売物に,華麗な色彩によるスペクタクル大作として完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サムソンとデリラ

サンサーンス作曲のオペラ。三幕四場。旧約聖書中の英雄サムソンの物語に取材したフェルディナンド=ルメールの台本による。流麗な旋律・異国的情緒に満ちた作品。アリア「君がみ声にわが心開く」が名高い。1877年初演。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サムソンとデリラ
さむそんとでりら
Samson et Dalila

フランスの作曲家サン・サーンスのオペラ。3幕4場。『旧約聖書』「士師記」に伝わる古代イスラエルの英雄サムソンの物語に基づく、フェルディナンド・ルメールのフランス語台本による。1877年に全曲がワイマールで初演された。メゾ・ソプラノ(デリラ)を主役にした数少ないオペラの一つであり、とりわけ第2幕の「あなたの声に私の心は開く」は広く親しまれている。独唱が活躍する第2幕を、合唱が中心となる第1、第3幕が囲む構成となっているが、全体としてみると、物語のドラマ性よりも、魅力ある旋律と色彩豊かな管弦楽法によって生み出される異国的な雰囲気に重点が置かれているといえよう。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサムソンとデリラの言及

【サムソン】より

…しかし獄中で伸びた髪のおかげで怪力が戻ったので,ダガン神殿の柱を揺さぶり倒壊させ,祭りの群衆3000人を巻添えにしてみずから死を選んだという。その波乱の生涯は文学,美術,音楽などの主題として愛好され,ミルトンの叙事詩《闘士サムソン》(1671)やサン・サーンスのオペラ《サムソンとデリラ》(1868‐77)は特に知られている。【並木 浩一】
[図像]
 初期キリスト教時代の例に,ローマ,ラティナ街道のカタコンベに壁画(4世紀)として描かれた〈ライオンを引き裂くサムソン〉〈ペリシテ人の畑を焼くサムソン〉〈ロバの骨でペリシテ人たちを殺すサムソン〉の3場面がある。…

【スペクタクル映画】より

…30年代には,経済的不況による製作費の削減で前半はふるわず,セックスと暴力のメロドラマ的《暴君ネロ》(1932),デミル監督の見せかけだけの歴史スペクタクル《クレオパトラ》(1934),《十字軍》(1935)などでお茶をにごした程度だったが,半ばころからはベストセラー小説の映画化が盛んになり,ハーベイ・アレン原作による《風雲児アドバース》(1936),ジェームズ・ヒルトン原作《失われた地平線》(1937),パール・バック原作《大地》(1937),マーガレット・ミッチェル原作《風と共に去りぬ》(1939),ルイス・ブロムフィールド原作《雨ぞ降る》(1939)などがつくられた。第2次大戦後も,一時スペクタクル映画はおとろえたかに見えたが,映画産業が不況にあえいだ40年代後期に戦後最初のスペクタクル映画であるデミル監督の《サムソンとデリラ》(1949)が大ヒットし,続いて同じデミル監督によるサーカスを舞台にしたスペクタクル映画《地上最大のショウ》(1952)とともにはじまった50年代にも,テレビに対抗して映画が大型化され,最初のシネマスコープ映画《聖衣》(1953)に引き続き,《プロディガル》(1955),デミル監督《十戒》(1956)などがワイド・スクリーンを計算にいれてつくられ,《ベン・ハー》(1959)が大ヒットした。 60年代には《エル・シド》(1961),《クレオパトラ》(1963),《ローマ帝国の滅亡》(1964)などのほか,戦争あるいは戦乱を題材にした《栄光への脱出》(1960),《史上最大の作戦》(1962),《ドクトル・ジバゴ》(1965),聖書をもとにした《キング・オブ・キングス》(1961),《偉大な生涯の物語》(1965),《天地創造》(1966),さらにSFスペクタクル《2001年宇宙の旅》(1968)などがつくられた。…

【デミル】より

…共和党の熱烈な支持者でもあったデミルは,30年代の後半から第2次大戦にかけて〈開拓精神とデモクラシーの高揚〉と自称する主題の娯楽大作を多くつくった(《大平原》1939,《征服されざる人々》1947,等々)。戦後もスペクタクル史劇のブームをよみがえらせた大作《サムソンとデリラ》(1949),サーカスの世界を一大スペクタクル絵巻に仕上げた《地上最大のショウ》(1952)などのヒット作を放ち,カラーで再映画化された《十戒》(1956)が最後の作品でありヒット作となった。ハリウッドはデミルとともに一つの時代を終えたといわれ,デミルその人が〈地上最大のショウ〉であったと評されている。…

※「サムソンとデリラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サムソンとデリラの関連キーワードダンボアメリカ アメリカあめりか祭アメリカの影アメリカを斬るアメリカン・グラフィティ2泳ぐひとクオ・ヴァディス巴里のアメリカ人ビッグ・アメリカン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サムソンとデリラの関連情報