サン=バルテルミの虐殺(読み)サン=バルテルミのぎゃくさつ(英語表記)Massacre de la Saint-Barthélemy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サン=バルテルミの虐殺」の解説

サン=バルテルミの虐殺
サン=バルテルミのぎゃくさつ
Massacre de la Saint-Barthélemy

聖バーソロミューの虐殺とも呼ばれる。 1572年8月 23~24日,サン=バルテルミの祝日にフランスのパリで起ったカトリック派によるユグノー (プロテスタント) の組織的大虐殺事件。この事件はスペインを討つことによってユグノー戦争を終結させようとするユグノーの首領コリニー伯を除こうと,国王シャルル9世の母后カトリーヌ・ド・メディシスがカトリックの首領ギーズ公アンリと結んで実行したといわれる。ユグノーのアンリ・ド・ナバール (のちのアンリ4世) とカトリーヌの娘マルグリット・ド・バロアの婚儀のためパリに参集していたユグノー派貴族は,危うく難を逃れたアンリ・ド・ナバールとコンデ親王を除き,コリニーをはじめとしてことごとく虐殺された。虐殺の余波は全国各地に広がり,ユグノー戦争はさらに拡大していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android