コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンカルロス San Carlos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンカルロス
San Carlos

ニカラグア南部の都市。リオサンフアン県の県都。コスタリカとの国境近く,ニカラグア湖の南東端岸,サンフアン川が流出する地点に位置する。スペイン植民地時代には,サンフアン川をさかのぼってカリブ海から侵攻してくる海賊を防ぐ戦略的要地にあたり,要塞が築かれていた。市街は 1948年の大火で大きな損害を受けた。現在河港で,周辺に産する木材,家畜などの集散も行う。パンアメリカン・ハイウェーから分岐する道路が湖の北東岸を経て市まで通じる。人口 5103 (1985推計) 。

サンカルロス
São Carlos

ブラジル南東部,サンパウロ州中部の都市。州都サンパウロの北西約 200kmの高原地帯にあり,標高約 880m。農牧地帯の中心地で,コーヒー,サトウキビ,穀物,タバコ,綿花,ジャガイモ,ウシなどを集散,加工するほか,ビール,蒸留酒,織物などの製造も盛ん。サンカルロス連邦大学 (1970) がある。サンパウロと鉄道,道路で連絡。人口 15万 8139 (1991推計) 。

サンカルロス
San Carlos

ベネズエラ北西部,コヘデス州の州都。首都カラカスの西南西約 200km,海岸山脈の南麓にあり,リャノスと呼ばれる広大な熱帯草原の北縁に位置する。 1678年建設。周辺の農牧地帯の商業中心地で,トウモロコシ,サトウキビ,米,ウシなどを集散する。人口5万 339 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android