サンタクローチェ聖堂(読み)サンタクローチェセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンタクローチェ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタクローチェ聖堂】

Basilica di Santa Croce
イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにあるゴシック様式の教会。13世紀前半にフランチェスコ修道会が創建した小聖堂を元に、アルノルフォ=ディ=カンビオの設計で14世紀後半に建造された。ジョット作のフレスコ画「聖フランチェスコ伝」(バルディ家礼拝堂)および「洗礼者ヨハネ伝」(ペルッツィ家礼拝堂)、ドナテロ作のレリーフ「受胎告知」と木彫「キリスト十字架像」がある。15世紀に建造されたバッツィ家礼拝堂はブルネレスキの設計によるもので、典型的な初期ルネサンス建築として知られる。
イタリア南部、プーリア州の都市レッチェにあるバロック様式の教会。16世紀から17世紀にかけて建造。多くの装飾が施されたファサードはジュゼッペ=ジンバロとチェーザレ=ペンナが手がけた。レッチェにおけるバロック建築を代表する建築物として有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android