コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントシャペル Sainte-Chapelle

デジタル大辞泉の解説

サント‐シャペル(Sainte-Chapelle)

フランスの首都パリ、セーヌ川シテ島にある礼拝堂。ルイ9世コンスタンチノープルの皇帝から入手した、キリストが身につけたとされる茨の冠や十字架の木片といった聖遺物を安置するため、1248年に建造された。ゴシック建築の傑作として知られ、窓の全面に施されたステンドグラスは特に名高い。1991年、「パリのセーヌ河岸」の名称で、ノートルダム大聖堂などとともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サントシャペルの関連キーワードノートルダムドラソンプシオン大聖堂ゴシック建築リヨン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android