コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントシャペル サントシャペルSainte-Chapelle

1件 の用語解説(サントシャペルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サント‐シャペル(Sainte-Chapelle)

フランスの首都パリ、セーヌ川シテ島にある礼拝堂。ルイ9世コンスタンチノープルの皇帝から入手した、キリストが身につけたとされる茨の冠や十字架の木片といった聖遺物を安置するため、1248年に建造された。ゴシック建築の傑作として知られ、窓の全面に施されたステンドグラスは特に名高い。1991年、「パリのセーヌ河岸」の名称で、ノートルダム大聖堂などとともに世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サントシャペルの関連情報