コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サント・シャペル[パリ] Sainte-Chapelle, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サント・シャペル[パリ]
Sainte-Chapelle, Paris

パリのシテ島内王宮 (旧パレ・ロワイヤル,現在は裁判所) 中にあるゴシックの小聖堂。キリスト聖遺物 (いばらの冠) を納めるために聖王ルイの命によって 1241年起工,48年に完成されたレイヨナン様式ゴシックの代表的聖堂。内部は2層に分けられているため比較的縦長のプロポーションをもち,単純なバットレス (控壁) と高い尖塔とがつくりだす天空を目指したフォルムは美しい。上層は王のための礼拝堂側廊をもたない単純な構造を有し,ボールト (穹窿) は細い円柱によって支えられている。柱間をすべて窓とし,それを飾った 13世紀のステンドグラスの美しさは最も有名である。下層の礼拝堂は宮廷の官吏たちのためのもので,側廊をもち,低い天井を形成するための浅いボールトが特徴的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android