コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンパン

百科事典マイペディアの解説

サンパン

陸と船,船と船との間の交通などに用いる小型船。通い船とも。中国語の〈三板〉などに由来。中国,東南アジアの河川,港湾で連絡や水上行商などに使われる手こぎの寄木船で,転じて通い船一般をさすようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンパン【sampan】

中国および東南アジアの沿岸や河川で用いる小船。中国語では〈三(舢板・舢舨・杉板)〉と表記する。サンパンの語源はジャワ語,クメール語等々,諸説紛々としているが,中国語の三板は南方の言語の影響があったようである。もとは中国の港湾に使用され,構造は甲板(デッキ)のない寄木船(よせきぶね)で,一般に帆がなく艪櫂(ろかい)をこぐ喫水の浅い平底の,船尾の張りひろがった長さ3~4mばかりの小型の通船(かよいぶね),はしけ伝馬船(てんません)をさしていった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンパン
さんぱん
sampan

本来は中国沿岸で用いられている小型の木造平底船のことで、中国語の「三板」に由来する。日本では港内の通船(つうせん)、交通船の俗称であったが、現在はこの用語は使用されていない。
 通船は通い船やランチともよばれるが、沖に停泊している船と陸との小型連絡船であり、いわば海上タクシーといえる。沖の船との連絡業務や、船員や船員家族あるいは資材などの輸送にあたるだけでなく、港の見学や港内各地点の海上連絡にも使われる。東南アジアでは、そのほかに水上行商などにも使われている。[土居靖範]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサンパンの言及

【舟∥船】より

… この時代,地中海の船は他の世界と比べて決定的に進んでいた。北ヨーロッパやイギリスの島では革舟か丸木舟で湖や川,湾を渡ったり漁をしたりする程度であったし,中国ではおそらくいかだから発達したと思われる箱形の舟,サンパンが川や沿岸で使われていたが,後世のジャンクのように本格的な船ではなかった。日本ではまだ原始的な単材丸木舟の時代であったし,世界の他の地方でも要するに小舟の域をでていなかったといってよい。…

※「サンパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンパンの関連キーワードユンチンホン(允景洪)プーラン族(布朗族)チノー族(基諾族)プーラン(布朗)族チンホン(景洪)県カント(ベトナム)シプソン・パンナーハニ族(哈尼族)ジノー(基諾)族チノー(基諾)族ハニ(哈尼)族シーサンパンナアバディーン松江 春次モチュアシャン族瀾滄江タイ族思茅普洱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android