サン・シモン(読み)さんしもん(英語表記)Claude Henri de Rouvroy de Saint-Simon

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・シモン(Claude Henri de Rouvroy de Saint-Simon)
さんしもん
Claude Henri de Rouvroy de Saint-Simon
(1760―1825)

フランスの空想的社会主義者。パリ生まれだが、家系はピカルディー地方の貴族(伯爵)の出。啓蒙(けいもう)思想家ダランベールの教育を受ける。アメリカ独立戦争に、ワシントン指揮下のフランス遠征軍の一員として参加。フランス革命が勃発(ぼっぱつ)すると1791年から1793年にかけ地方のジャコバン派や民衆の結社に参加し、バブーフに会ったらしいという説(マチエ)もある。他方、国有財産の売却にまつわる投機に手を出し、1793年に逮捕、1年間投獄さる。最初の著作『一ジュネーブ住民の同時代人への手紙』(1802)を刊行。以後1814年までは19世紀にふさわしい総合的な科学をつくることに努め、1814年に『ヨーロッパ社会の再組織について』を刊行。以後、関心は社会問題に集中する。1819年以前は自由主義者であったとする説もあるが、本来の自由主義とはいいがたい。非生産者(貴族・地主・金利生活者・軍人)の支配に対する反対、生産者の団結とすべての権力を生産者へという主張、怠け者と働く者との対置、法の前の平等だけを説く法律家批判がみられるからである。その基礎には「産業主義」があり、それは「すべては産業によって、そしてすべては産業のために」という標語に集約される。そこから有閑階級批判と自由主義批判も出てくる。「すべては産業のために」組織されなければならぬからである。『産業体制について』(1821)において構想される未来の産業体制は、能力に基づく階層制組織をもつが、旧支配者は消滅し、能力により指導機能を発揮する管理者が登場する。この階層制はいかなる特権・支配権とも結び付いていない。「人間の支配」にかわって「事物の管理」が実現する。つまり国家の消滅であり、これが彼の構想する生産者の「協同社会」である。
 だが、彼のいう生産者、産業者には労働者と同時に資本家も含まれており、そこに当時のフランス資本主義の未熟さが反映しているが、『産業体制について』では産業階級内部の雇主と労働者との対立への注目がみられ、「労働者諸氏へ」あて、「私の提案する主要な目的は、あなたたちの境遇をできるだけ改善すること」だとしたが、以後「もっとも数が多くもっとも貧しい階級の境遇の改善」を訴え、かつ「プロレタリアートは財産をうまく管理する能力を有する」と主張した。最後の著作『新キリスト教』(1825)は、「宗教は、社会を、もっとも貧しい階級の運命のできる限り急速な改善という大目的に導くべきだ」とした。『産業体制について』が産業者に無視されたこともあって絶望し、1823年ピストル自殺を図り失敗。その後2年間生き延びるが、斬新(ざんしん)で多面的な思想を体系化できなかった。死期に際して彼は、「私の全生涯はすべての人間にその人の自然的素質のもっとも自由な発展を保証するという一つの思想に要約される」と語ったといわれる。[古賀英三郎]
『森博編訳『サン・シモン著作集』全5巻(1987~1988・恒星社厚生閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android