コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ジュスト サンジュスト

2件 の用語解説(サン・ジュストの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サン・ジュスト

ランス革命期,山岳派国民公会議員。食糧割当制,国王処刑等の演説で注目され,公安委員会の委員となり,ロベスピエールの片腕として活躍。ジロンド派打倒後エベール派,ダントン派を告発,恐怖政治遂行に敏腕を振るったが,テルミドール9日クーデタで処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・ジュスト
さんじゅすと
Louis Antoine Lon de Saint-Just
(1767―1794)

フランス革命期の政治家。ドシーズに生まれ、ランスで法律を学び放蕩(ほうとう)生活も送ったが、革命勃発(ぼっぱつ)後は一転して政治に熱狂、ロベスピエールを賛美した。地方での活動後、1792年9月国民公会に選出され、山岳派(モンタニャール)に属し、ルイ16世の処刑を主張して注目され、自派の権力掌握後は大公安委員会の一員としてぬきんでて、軍事面ではライン方面軍の勝利に寄与し、軍事全般にL・N・M・カルノーに次ぐ功績があった。エベール派、ダントン派の告発断罪にも主役を演じ、恐怖政治の大天使とよばれ、反革命容疑者の財産を貧困者に無償分配するバントーズ法の推進など多方面の活躍を続けた。しかし、反ロベスピエール派の台頭に対して、初めは調停役を務めようとして失敗、いわゆる「テルミドール(熱月)の反動」によってロベスピエール、クートンらとともに1794年、革命暦によるテルミドール10日、死刑に処せられた。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サン・ジュストの関連キーワード革命暦国民公会山岳派ジロンド派総裁政府タレーランダントンフーシェロベスピエール第一共和制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone