サーマーン朝(読み)サーマーンチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

サーマーンちょう【サーマーン朝 Sāmān】

中央アジアとイラン東部を支配したイラン系イスラム王朝。875‐999年。アム・ダリヤ南のバルフ地方に居住したイラン系地主(ディフカーン)階級に属するサーマーン・フダーSāmān Khudā(生没年不詳)の時代(8世紀後半)にイスラムを受容し,その孫たちの時代(9世紀初め),アッバース朝に対する忠誠のゆえに,サマルカンドフェルガナタシケントヘラートの支配権を与えられ,875年にはアミール,ナスル・ブン・アフマドNaṣr b.Aḥmad(在位875‐892)がアッバース朝カリフからマー・ワラー・アンナフル全域の支配権を与えられ,事実上の独立国家を建設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーマーン朝
さーまーんちょう
Sāmān

マーワラー・アンナフル、ホラサーンを支配したイラン系王朝(875~999)。バルフ地方の一地主サーマーン・ホダーをその始祖とする。孫のヌーフら一族がアッバース朝のカリフによって、サマルカンド、フェルガナ、ヘラートなどの総督に任命されて力を得、次のナスルの代にそれらの地を統一的に支配する国家へと成長した(875)。9世紀末にはシルダリヤを越えてカルルクを撃ち、首都タラスを攻略し、10世紀初めにはサッファール朝を破ってホラサーンの支配権を得た。中央アジアのトルコ人に対しても聖戦を行い、通商路を確保し、多くのトルコ人奴隷をイスラム世界に送り込んだ。首都ブハラはイスラム文化の中心地となり、アラビア語ばかりでなく、新しく成立した近世ペルシア語による諸学、とくに文学の活動の舞台となった。しかし10世紀後半より内紛のため弱体化し、ガズナ朝、カラ・ハン朝にその領土を奪われた。

[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

サーマーン朝
サーマーンちょう
Sāmān

875〜999
中央アジア最初のイラン系イスラーム王朝
始祖はサーマーン=フダー。アッバース朝から事実上独立し,中央アジアからペルシア湾,またインド国境からバグダード付近に至る地域を領有した。都のブハラ・サマルカンドはイスラーム世界の学問・芸術の中心であった。近世ペルシア語による諸学,特に文学が発展した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android