コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーマーン朝 サーマーンチョウ

4件 の用語解説(サーマーン朝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サーマーン‐ちょう〔‐テウ〕【サーマーン朝】

Sāmān》875年にナスル1世がアッバース朝から独立して創始したイランの王朝。中央アジアとイラン東部を支配したが、カラハン朝の侵入によって999年に滅亡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サーマーンちょう【サーマーン朝 Sāmān】

中央アジアとイラン東部を支配したイラン系イスラム王朝。875‐999年。アム・ダリヤ南のバルフ地方に居住したイラン系地主(ディフカーン)階級に属するサーマーン・フダーSāmān Khudā(生没年不詳)の時代(8世紀後半)にイスラムを受容し,その孫たちの時代(9世紀初め),アッバース朝に対する忠誠のゆえに,サマルカンドフェルガナタシケントヘラートの支配権を与えられ,875年にはアミール,ナスル・ブン・アフマドNaṣr b.Aḥmad(在位875‐892)がアッバース朝カリフからマー・ワラー・アンナフル全域の支配権を与えられ,事実上の独立国家を建設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サーマーンちょう【サーマーン朝】

中央アジアのイラン系イスラム王朝(874~999)。アッバース朝から分立。ボハラ・サマルカンドを中心に東部イランから中央アジアを領有したが、トルコ系のカラハン朝に滅ぼされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーマーン朝
さーまーんちょう
Smn

マーワラー・アンナフル、ホラサーンを支配したイラン系王朝(875~999)。バルフ地方の一地主サーマーン・ホダーをその始祖とする。孫のヌーフら一族がアッバース朝のカリフによって、サマルカンド、フェルガナ、ヘラートなどの総督に任命されて力を得、次のナスルの代にそれらの地を統一的に支配する国家へと成長した(875)。9世紀末にはシルダリヤを越えてカルルクを撃ち、首都タラスを攻略し、10世紀初めにはサッファール朝を破ってホラサーンの支配権を得た。中央アジアのトルコ人に対しても聖戦を行い、通商路を確保し、多くのトルコ人奴隷をイスラム世界に送り込んだ。首都ブハライスラム文化の中心地となり、アラビア語ばかりでなく、新しく成立した近世ペルシア語による諸学、とくに文学の活動の舞台となった。しかし10世紀後半より内紛のため弱体化し、ガズナ朝カラ・ハン朝にその領土を奪われた。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーマーン朝の関連キーワードイラン美術中央アジアトハラペルシア語イランイランタイラントホラサーンイラン族サルト人タジク族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone