ザッキン(読み)ざっきん(英語表記)Ossip Zadkin

日本大百科全書(ニッポニカ)「ザッキン」の解説

ザッキン
ざっきん
Ossip Zadkin
(1890―1967)

フランスの彫刻家。ロシアのスモレンスクに生まれ、主としてフランスで制作活動し、1921年フランス国籍を取得した。最初ロンドンの工芸学校に、ついで1909年パリの美術学校に学ぶが、半年で退学。15年ころより黒人彫刻とキュビスムの影響下に、対象を面に分解・再構成した作品を制作するが、彼の叙情的素質は、厳密な幾何学的構成になじまず、20年ころからはより有機的・力動的な形態とキュビスム風の構成を一体化する。その後、彼の表現はいっそうバロック的、表現的となり、複雑な形態の組合せ、随所に設けられた空隙(くうげき)部などによって動的な世界を示した。第二次世界大戦中に制作された『囚人』(1943)、あるいは連作としてさまざまなバリエーションをもつ『オルフェウス』、ドイツ軍爆撃による死者たちのためのロッテルダム市の記念碑『破壊された都市』(1953)などが代表作。

中山公男

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ザッキン」の解説

ザッキン
Zadkine, Ossip

[生]1890.7.14. スモレンスク
[没]1967.11.25. パリ
ロシア生れのフランスの彫刻家。 1907年からロンドンの工芸美術学校で学んだあと 09年パリに出て国立美術学校に入学し,6ヵ月で退学。キュビスムの影響を受け,黒人彫刻に学んだ独自の様式を形成。対象を平面の集合体として構成し,凹面と凸面を逆転,微細な凹凸を省略する作風はロシア的な幻想性と詩情をたたえ,キュビスムの彫刻家と目された。晩年には装飾的な傾向が強くなった。 21年フランス国籍を取得。第2次世界大戦中アメリカに亡命,戦後パリへ戻り 62年国立美術学校教授。 59年フランス文化使節の一員として来日。 50年ベネチア・ビエンナーレで受賞。代表作は第2次世界大戦記念碑『破壊された都市』 (1951,ロッテルダム) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android