コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザッキン ザッキンZadkine, Ossip

4件 の用語解説(ザッキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザッキン
ザッキン
Zadkine, Ossip

[生]1890.7.14. スモレンスク
[没]1967.11.25. パリ
ロシア生れのフランスの彫刻家。 1907年からロンドンの工芸美術学校で学んだあと 09年パリに出て国立美術学校に入学し,6ヵ月で退学。キュビスムの影響を受け,黒人彫刻に学んだ独自の様式を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ザッキン【Ossip Zadkine】

1890~1967) ロシア生まれのフランスの彫刻家。キュービズムやニグロ彫刻の感化を受け、原始性をもった幻想的な作品を作る。代表作にロッテルダム市の記念碑「心臓のない町」などがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザッキン
ざっきん
Ossip Zadkin
(1890―1967)

フランスの彫刻家。ロシアのスモレンスクに生まれ、主としてフランスで制作活動し、1921年フランス国籍を取得した。最初ロンドンの工芸学校に、ついで1909年パリの美術学校に学ぶが、半年で退学。15年ころより黒人彫刻とキュビスムの影響下に、対象を面に分解・再構成した作品を制作するが、彼の叙情的素質は、厳密な幾何学的構成になじまず、20年ころからはより有機的・力動的な形態とキュビスム風の構成を一体化する。その後、彼の表現はいっそうバロック的、表現的となり、複雑な形態の組合せ、随所に設けられた空隙(くうげき)部などによって動的な世界を示した。第二次世界大戦中に制作された『囚人』(1943)、あるいは連作としてさまざまなバリエーションをもつ『オルフェウス』、ドイツ軍爆撃による死者たちのためのロッテルダム市の記念碑『破壊された都市』(1953)などが代表作。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ザッキンの関連キーワードドイツ映画造船業エルトゥールル号の遭難事故カプリービ大不況長沢別天ラルヴィク岩ディトゥロ閃長岩ルジャヴル岩家資分散

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザッキンの関連情報