コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シスネロス Francisco Jiménez de Cisneros

世界大百科事典 第2版の解説

シスネロス【Francisco Jiménez de Cisneros】

1436‐1517
スペインフランシスコ会士。カトリック両王時代のスペインの政治・文化・宗教に大きな足跡を残した。サラマンカ大学で学んだ後フランシスコ会に入ったシスネロスは,その人徳を買われて平民の出身ながら1492年にイサベル女王付聴罪司祭として宮廷に呼ばれ,3年後にはトレド大司教の任に就いた。このころ,両王の支援を受けて各修道会をはじめとする教会改革に着手,多くの抵抗を排してこれを推進する一方,征服直後のグラナダ王国についてはイスラム教徒に改宗を強いたり,1502年の追放令を両王に進言するなど強硬姿勢を貫いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シスネロス
しすねろす
Francisco Jimnez de Cisneros
(1436―1517)

スペインのフランシスコ会士。マドリード北方のトレラグーナの貧困貴族の出身。サラマンカ大学に学んだのち、フランシスコ会に入会。その模範的修道生活と資質を買われて、1492年に期せずしてイサベル1世の聴罪司祭に任ぜられた。ついで、1495年にスペイン教会筆頭の位であるトレド大司教に就任、王権と教皇庁の意向を受けて、諸修道会の改革をいち早く強力に進めた。当時、スペインで重大な政治社会問題であった残留イスラム教徒の扱いについては、強制改宗か国外追放を主張する強硬派を代表した。一方、文化面ではアルカラー大学創立(1508)にみられるように、スペイン・ルネサンスの中心人物でもあり、さらにイサベル1世の死後は、内政と外交において幾度か決定的な働きをした。[小林一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シスネロスの関連キーワードフェルナンド2世(カトリック王)サンイルデフォンソ学院アルカラ・デ・エナレスグスタボ シスネロスアルカラデエナレスステファヌスモリスコダフラダクラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シスネロスの関連情報