シタン(紫檀)(読み)シタン(英語表記)Pterocarpus santalinus; red sandalwood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シタン(紫檀)
シタン
Pterocarpus santalinus; red sandalwood

マメ科の常緑小高木で,インド南部およびスリランカ原産。高さ6~10mになる。羽状複葉を互生し,蝶形花を総状花序につける。心材は暗紫紅色で磨くと波状の紋が現れる。材質は緻密で堅く,建築材,箱,額縁などの工芸材として古来コクタンとともに珍重され,また農具などにも用いる。工芸材としていわゆる紫檀と呼ばれる材はこの種のほかローズウッドの類などや近縁属のいくつかの種類を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シタン(紫檀)【シタン】

インド南部,スリランカに自生する数種のマメ科の常緑高木。高さ10〜25m,径50cmに達する。葉は3〜5枚の広楕円形小葉からなる複葉。花は黄色の蝶(ちょう)形花で,扁平な円形の果実を結ぶ。緻密(ちみつ)な材は重くて堅く,特に心材は暗紅紫色で美しい。古くから唐木(とうぼく)の一つとして建築,家具,細工物などに賞用されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シタン【シタン(紫檀) rosewood】

マメ科ツルサイカチ(ヒルギカズラ)属Dalbergiaの木材で,コクタンタガヤサンとともに古くから唐木(からき)の代表として建築装飾材(床柱,床がまちなど),家具,細工物,彫刻,楽器(三味線の棹など)に賞用されてきた。いくつかの種が紫檀の名で利用されるが,主要種であるD.cochinchinensis Pierre(英名Siam rosewood)はタイ~インドシナに分布する高木で,高さ25m,直径1~1.5mになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android