シベリア気団(読み)しべりあきだん

日本大百科全書(ニッポニカ)「シベリア気団」の解説

シベリア気団
しべりあきだん

冬季シベリアや中国東北区に発生する大陸性寒帯気団。厚さ2~3キロメートルで、その上方に強い逆転層をもち、非常に安定である。しかし、日本海や東シナ海に出ると、相対的に高温な水面から、熱と水蒸気が大量に供給されるので、急速に変質し不安定となり、積雲や積乱雲が発生する。脊梁(せきりょう)山脈により強制的に上昇させられると一時に不安定を解消し、風上側にあたる日本海側の地方に多量の雨や雪を降らせ、風下側にあたる太平洋側の地方に乾いたよい天気をもたらす。これが、日本の冬に顕著な天気分布である。

[饒村 曜]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シベリア気団」の解説

シベリア気団
シベリアきだん
Siberian air mass

おもに冬季にシベリア高気圧圏内で発生する寒帯大陸寒気団。寒冷で乾燥し安定している。ある期間涵養されると四方へ流出する。冬の北西季節風として日本付近へ走してくるシベリア気団は,暖かい日本海上で多量の顕熱と水蒸気の供給を受け,下層から変質し,不安定となって積雲を発生させ日本海側の地域に多量の雪をもたらす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「シベリア気団」の解説

シベリア‐きだん【シベリア気団】

〘名〙 シベリアに発生する低温で乾燥した大陸気団。日本の天候を大きく支配し、特に冬には北西の季節風と、時おり、顕著な寒波をもたらし、日本海側に豪雪を降らせたりする。〔天気予報論(1946)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「シベリア気団」の解説

シベリアきだん【シベリア気団 Siberian air mass】

冬季は北極気団がコリマ盆地からヤクーツク地方,あるいはノバヤ・ゼムリャ島から中央シベリアに入る。そこで,モンゴル北部の大高気圧の形成と並行して,激しい放射冷却が続き,さらに適度な乱流交換で冷却が上方に伝わり,大気下層は著しく低温になり,北極気団は世界で最も冷たいシベリアの大陸性寒帯気団に変わる。この過程は2日ないし数日で終わり,気温の接地逆転層は高さ1~1.5kmにまで成長する。その上には上空の流れが沈降して比較的高温で,約3kmまで非常に安定な成層ができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android