コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモツケ(下野) シモツケSpiraea japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シモツケ(下野)
シモツケ
Spiraea japonica

バラ科の小低木。アジア東部に分布し,日本では各地の山地に自生するが,また観賞用に栽培もされる。高さ約 1mで,枝は丸く皮がむけやすい。葉は互生し,長楕円形で縁に鋸歯があり,裏面は白色を帯びる。6月頃,枝先に多数の淡紅色の小花が散房状につく。花弁は卵形で5枚,おしべは多数あり,めしべは5本あって基部まで分離している。和名は下野国 (栃木県) で最初に見つけられたためといわれる。同属のものには高山性のイワシモツケ S. nipponica,マルバシモツケ S. betulifolia,ユキヤナギ S. thunbergii,シジミバナ S. prunifoliaなどがある。バラ科のなかでも果実が 蒴果状となって熟して裂開するなど他のバラやサクラ,キイチゴなどと異なるのでシモツケ亜科としたり,独立してシモツケ科とされることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シモツケ【シモツケ(下野) Japanese spirea】

山地の日当りのよいところに生えるバラ科の落葉低木(イラスト)。高さ1m内外になり,枝は褐色。葉は互生して狭卵形ないし卵形,縁に鋸歯がある。花の時期は,生育地によって多少異なるが,6~8月,散房状にむらがって小さな5弁花をつけ,普通は淡い紅色。おしべは多数。花後,小さな5個の袋果をつける。シモツケは,生育地の下野国からつけられた名であるが,本州から九州までひろく見られ,また中国大陸にも分布し,変異が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシモツケ(下野)の言及

【シモツケソウ】より

…花が終わると小さな袋果ができる。本州から九州まで分布し,北海道には変種のエゾノシモツケソウvar.yezoensis Haraがある。また,北海道と本州には,白い花の咲く大型のオニシモツケF.kamtschatica Maxim.があり,よく群生する。…

※「シモツケ(下野)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シモツケ(下野)の関連キーワードマルバシモツケユキヤナギシジミバナ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android