コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモツケ

2件 の用語解説(シモツケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シモツケ

本州〜九州,東アジアに分布し,山野にはえるバラ科の落葉低木。枝は根元から群がって出る。葉は長楕円形で先はとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)がある。5〜8月,小枝の先に散房状に多数の淡紅色花を密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモツケ
しもつけ / 下野
[学]Spiraea japonica L. f.

バラ科の落葉低木。茎は叢生(そうせい)し、高さ約1メートル。葉は互生し、単葉で広披針(こうひしん)形から卵形で、先端はややとがり、縁(へり)は二重鋸歯(きょし)があり、裏面は淡緑色か、やや白みを帯びる。短い葉柄がある。5~8月、新枝の先に複散房花序をつくり、淡紅色で径約5ミリメートルの5弁花を開く。雄しべは多数、花弁よりはるかに長い。雌しべは5本。果実は袋果。山地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、この植物が下野(しもつけ)(栃木県)で最初に発見されたからという。本種は形態的に非常に変異に富んでおり、いろいろと細分されることがある。また観賞用として人家や公園によく植栽される。シモツケ属は約100種あり、おもに北半球の温帯に分布する。日本にはイワガサ、ホザキシモツケなど約10種が自生し、シジミバナ、ユキヤナギなどが栽培される。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シモツケの関連キーワードアケビツワブキヨモギ蠅毒草烏秋ウドオニユリノビルフキヨメナ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シモツケの関連情報