シャノン(読み)しゃのん(英語表記)Shannon

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャノン(アイルランド)
しゃのん
Shannon

アイルランド共和国南西部、リムリックの西郊24キロメートルにある新興都市。人口1118(2002国勢調査速報値)。シャノン川沿いに位置する。かつて大西洋横断航空路の中継給油基地であったが、シャノン国際空港内の自由貿易地区(120ヘクタール)を中核として、保税倉庫、工業団地が形成された。重量当り付加価値の高いピアノ、トランジスタラジオ、ダイヤモンド研摩用ドリルなどの製造企業が集積する。空港の乗降客数も90万人(1971)を超える。[米田 巌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャノンの関連情報