コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャバ[州] シャバ

百科事典マイペディアの解説

シャバ[州]【シャバ】

コンゴ民主共和国南東部の州名。旧名カタンガKatanga。標高1000m前後の高原地帯で,年平均気温20℃。鉱物資源が豊かで,銅,コバルト,スズ,亜鉛,ウランなどを産する。1891年にベルギー王の私的植民地〈コンゴ自由国〉によって開発が開始され,アフリカ人の強制労働が行われた。1906年にはベルギー,英国両国の資本によるユニオン・ミニエールが設立されて,広大な土地と鉱業権を独占した。1960年コンゴ独立直後から1963年1月までチョンベのもとに中央政府から分離独立した。ベルギーがこれに介入して派兵するなどコンゴ動乱の主要舞台の一つ。鉱物資源の存在と歴史的経緯から,コンゴ民主共和国政治・経済において重要な地方となっている。主都ルブンバシ。49万6877km2。412万5000人(1998)。
→関連項目カレミエコンゴ民主共和国シャバ紛争ベンゲラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャバ[州]【Shaba】

アフリカ中央部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)南東部の州。1972年植民地時代の名カタンガKatangaを現名に改称した。面積49万7000km2,人口560万(1994),州都はルブンバシ(旧,エリザベートビル)。標高800~1400mの高原で,最高点は東境に近いマルング山地の2005m。水系はコンゴ川の本流と支流で,北へ流れる。月別平均気温は17~23℃,降水量は11~4月に集中し,年平均1200~1400mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャバ[州]の言及

【ユニオン・ミニエール[会社]】より

…正式名称ユニオン・ミニエール・ドゥ・オー・カタンガUnion Minière du Haut‐Katanga。1990年3月までの期限で広大なカタンガ州(現,シャバ州)の鉱業権を独占することが認められ,着実に発展を遂げた。コバルト,銅その他の鉱物資源の大規模開発を行ったばかりでなく,鉱業以外にもカタンガのほとんどの分野の企業の管理権を握り,コンゴ経済に支配的な影響力を及ぼした。…

※「シャバ[州]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シャバ[州]の関連キーワードカタンガ[州]

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android