コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュードラ シュードラŚūdra

翻訳|Śūdra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュードラ
Śūdra

インドのカーストのうち,第4番目の最下層のカースト。いわゆる隷属民に相当する。古来インドの法典は,各カーストについてそれぞれ遵守すべき義務を規定しており,シュードラの義務は,上位3カーストの人々に対する奉仕であるとしている。初めはアーリア人によって征服された先住民がその主体であったが,次第に農民や職人をさすようになり,抑圧され差別された不可触民とともに,ヒンドゥー教徒の大多数を占めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シュードラ

インドのバルナ種姓)制度の最下級をなす隷属民。漢字では首陀羅と音訳。アーリヤ人のインド侵入によって征服された先住民や,アーリヤ人以外の人びとがこの階級に含まれた。
→関連項目プルシャ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュードラ【śūdra】

インドの4バルナ(種姓)の最下位に置かれた隷属民。バルナ制度が成立した後期ベーダ時代にシュードラとして位置づけられたのは,主としてガンガー(ガンジス川)上流域に進出したアーリヤ人の支配下に入った先住民であった。彼らはエーカジャekaja(一生族)と呼ばれてバラモンの指導するベーダの宗教から除外され,バラモン,クシャトリヤバイシャの上位3バルナ(ドゥビジャdvija(再生族),アーリヤ)から社会生活のあらゆる面で差別を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュードラ
しゅーどら
dra

古代インドにおいて成立した四つの社会階層(バルナ)の一つで、上位3バルナに奉仕する者の階層。
 4バルナ社会理論においては、シュードラは一生族、すなわち、学問を始めるためのウパナヤナの儀式(入門式)を受けることによって二度目の誕生をもつ必要のない者として、再生族から区別された。古典の法典類には、ベーダVedaの詠唱を聞いたシュードラの耳には溶かした鉛を注ぐとされるなど、厳しい差別的な規定がみられる。しかし、実際に規定どおりのシュードラ差別が行われていたのかという点については、かならずしも明確ではない。中世カースト制度においては、農民や手工業者など、不可触民以外のすべての直接生産者カーストがシュードラに属するとされた。これらのシュードラの諸カーストの家庭において、バラモンが家庭司祭(ウパーディヤー)として、結婚式などの祭式を行っていたのであるから、古典の規定とは大きく異なっていたのである。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシュードラの言及

【インド[国]】より

…正式名称=インドBharat∥India面積=328万7263km2(ジャンムー・カシミール(12万1667km2)を含む)人口(1996。ジャンムー・カシミールを含む)=9億5296万人首都=ニュー・デリーNew Delhi(日本との時差=-3.5時間)主要言語=ヒンディー語(公用語),英語(準公用語),テルグ語,アッサム語,マラーティー語,ベンガル語,タミル語など憲法にあげられている17の地方の公用語通貨=ルピーRupee国名はヒンディー語ではバーラトBharatという。…

【カースト】より

…インドではカースト集団を〈生まれ(を同じくする者の集団)〉を意味するジャーティjātiという語で呼んでいる。 一方,日本ではカーストというとインド古来の四種姓,すなわち司祭階級バラモン,王侯・武士階級クシャトリヤ,庶民(農牧商)階級バイシャ,隷属民シュードラの意味に理解されることが多い。インド人はこの種姓をバルナvarṇaと呼んできた。…

【黒】より

…さらに進んで,黒を光に対する闇,善に対する悪を象徴する色とすることも一般的で,黒は悪神・悪霊の身色となる。なおインドの4階級(カースト)を象徴する4色(白,赤,黄,黒)のうち,黒は第4のシュードラ(隷属民階級)の色である。【柳 宗玄】
[日本文化と黒]
 古代日本語の色名のうち,抽象的概念を表す記号(色彩の名称とは,本来こういうものであるが)として用いられた語は〈アカ〉〈クロ〉〈シロ〉〈アヲ〉の4種に限られ,これ以外の色名はすべて染料(草木染に使われる〈ムラサキ〉〈ハネズ〉〈ハナダ〉〈アヰ〉など)か顔料(鉱物性着色剤である〈ニ〉〈ソホ〉など)かに由来する,というのが今日の定説になっている。…

【サンスクリット】より

…この言語の担い手は,インダス文明が栄えていた前2000年代の前半に,おそらくこの文明を破壊して北西部からインドに徐々に侵入し,そこでベーダの祭式と文学を発展させた。彼らに征服された色が黒く鼻の低い先住民は,のちにシュードラとよばれ,バラモン(僧侶),クシャトリヤ(王侯),バイシャ(庶民)の下の奴隷階級となった。ベーダ語の話し手の痕跡は,前14世紀ころの小アジアの文献にも認められる。…

【バルナ】より

…(3)バイシャ 農業,牧畜,商業,金貸。(4)シュードラ 隷属的労働や手工芸による上位3バルナへの奉仕。以上の4バルナのうち上位3バルナは再生族(ドゥビジャdvija)と称され,自分のための祭式挙行,ベーダ聖典の学習,布施の三つを共通の義務としている。…

※「シュードラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュードラの関連キーワードバルナ(古代インドの四大階層)カーストと積極優遇政策インド・ヨーロッパ諸族ムリッチャカティカーインドの菜食主義者古代社会(歴史)チャンドラグプタステゴロフォドントゥカーラームアーシュラマシュードラカ死体化生神話チャンダーラカースト制度サーターニ派須陀・首陀チェッティ首陀・須陀インド演劇ジャーティ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android