コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウキラン

3件 の用語解説(ショウキランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ショウキラン

ヒガンバナ科のショウキズイセンの別名。ラン科にも同名のものがあり,こちらは無葉緑の腐生植物。茎は白色でやや紅紫色をおび,夏,茎頂に径3cmほどの淡紅紫色花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ショウキラン【Yoania japonica Maxim.】

ラン科の葉緑体をもたない腐生ランの1種で,おもに裏日本の亜高山帯に生育する。根茎は伸長し,まばらに分枝する。茎は高さ20cm前後で,7~8月に淡紅色の花を総状に数個つける。花はやや大型で,径2cm程度。萼片は半開または開出する。花弁と唇弁はかぶと状で蕊柱(ずいちゆう)を取り囲む。唇弁には太い距があり,前方へ曲がっている。日本特産種で,北海道南部より九州まで分布する。近縁のキバナノショウキランY.amagiensis Nakai et F.Maekawaは,花が淡黄褐色を帯び,花数も多く十数個つけ,根茎も著しく分枝を繰り返し団塊状になる点で容易に区別できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウキラン
しょうきらん / 鍾馗蘭
[学]Yoania japonica Maxim.

ラン科の多年草。無葉緑の腐生植物。根茎は伸長し、わずかに分枝する。7~8月、高さ約20センチメートルの白色で赤みを帯びた花茎の先に数個の花をつける。花は淡紅色を帯び、やや大形で径約2センチメートル。花弁と唇弁はかぶと状、唇弁には太い距(きょ)があり、前方へ曲がる。萼片(がくへん)は半開き、または開出する。日本の特産種で、針葉樹林下に生え、北海道南部から九州のおもに日本海側に分布する。名は、花から鍾馗を連想したものである。近縁のキバナノショウキランY. amagiensis Nakai et F. Maek.は花が淡黄色で、根茎の分枝が著しい。関東地方以西の本州から九州のおもに太平洋側にかけて分布する。
 ショウキラン属は、ろう質の花粉塊、頂生の花序、スリッパ状の唇弁などで特徴づけられる。日本種2種のほか、台湾に1種、ヒマラヤに1種知られる。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショウキランの関連キーワード色素体葉緑体一葉蘭尾上蘭銀蘭沢蘭変形菌無葉蘭鴎蘭聞く耳を持たない

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone